愛しの花たち in Canada

コスタボダの金継ぎ

北欧雑貨がはやりだそうだが、今から30年近く前、

私は網膜剥離となって入院しているとき、友人からのお見舞いに

スエーデン製のコスタボダのガラスの分厚いプレートをいただいた。

野の花がたくさん描かれたものだった。大切にしていたのに、カナダに来てから

それを真っ二つに割ってしまったのである。食洗器にでもかけたのであろう。

今日はその金継ぎをしました。

実は何度か、漆で試したのだが、漆はガラスには向かないようだ。

室に入れて固まったかと思ってもぷわーんと割れてしまうのである。

それで、なんちゃって金継ぎ。ゴリラの出番である。

裏側・・・


a0173527_10143439.jpg


表側・・・・・


a0173527_10210763.jpg


金粉を落としたばかりで、まだ磨いていないのだが、

そこそこいけそうな気配。


a0173527_10223660.jpg


あの頃のコスタボダは、繊細な野の花が描かれていて、

私はすっかりとりこになって、サラダボールや取り皿

など少しずつ買ったものだ。

今コスタボダのサイトを訪れてびっくり。

これと同じシリーズはもうないらしい。

似ても似つかぬパターンのものばかり。

そういえば長く愛用していた鳴海チャイナのパターンも

すっかり変わってしまった。今の売れ筋はこんなものなのか…。

そういえばこちらの布も、クラシックなものはなくなってしまっている。

自分で椅子の張替えをしているのだが、クラシックなパターンでないと、

この家には似合わない。

ついていけないわたしの感覚が古いのだろうが、正直がっかりしている。


[PR]
by cyanagitani | 2017-01-11 10:29 | Comments(2)
Commented by hananojiyusenritu at 2017-01-11 11:56
素敵なお皿ですよね。ガラスって古いほど魅力がありますから。いい具合に修復できてるよ。私もゴリラの接着剤買って置きます。
Commented by cyanagitani at 2017-01-11 12:15
ゴリラ本当に強いです。今度私もテラコッタの修理に使ってみよう。
<< 息子が鯛をしょって日本から帰国... 七草粥 >>



異郷の地ではぐくんだ花たちとChieko's Life
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ランタナ様 私もびっくり..
by cyanagitani at 08:44
すっご~い。103歳! ..
by ランタナ at 17:21
103才からメールをもら..
by cyanagitani at 15:47
なななんと~103歳?と..
by hananojiyusenritu at 12:50
ランタナ様 これだけ育て..
by cyanagitani at 13:15
橙が来たのでこれでわがノ..
by cyanagitani at 13:12
どこの農家の写真?って思..
by hananojiyusenritu at 12:47
首を長くして待っていた息..
by hananojiyusenritu at 12:44
わぁ、やはり「バンクーバ..
by ランタナ at 08:21
ランタナさん やっと帰っ..
by cyanagitani at 06:39
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
人生の大先輩の訪問
at 2017-12-01 14:06
最近のバルコニーファーム 1..
at 2017-11-27 07:44
息子の帰還
at 2017-11-27 04:04
聖護院蕪と飛騨の赤蕪、日の菜..
at 2017-11-09 08:41
日の菜
at 2017-11-01 08:47
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧