愛しの花たち in Canada

2017年 02月 28日 ( 1 )

老猫介護

四日ほど前からすでに13歳を超えているメインクーンの猫のはなの

調子が良くない。動物病院に連れて行っても原因はわからないという。

すでに糖尿病のインシュリン注射を朝夕3年以上続けている。

猫年で13年というのはどうやら80歳前後であるという。

食も細くなっている。注射液の量も多くなっていた。

寿命と言われればそうかもしれないとはおもう。


しかし、数日前までは元気であったのだ。

a0173527_09295360.jpg


ごく最近の写真である。

しかし、病み始めるとあっという間であった。

おせんべいのようにぺったんこになって、息の音も聞こえないし、

手も足も冷たくなっていた。

動物病院ではわからないというし、土日入院というけれど、

誰もいない動物病院で死なせるように思えて、

私はターミナルケアは私の手でしてやりたいと、連れ戻してきた。

見たところますます悪くなって、もう覚悟がいりそうだった。


それから4日・・・・・。

実は息子が、ポカリスエットは飲む点滴薬って言われるから

どうだろうと、買ってきた。

それから4日間、気が付けば夜中もポカリスエットを飲ませて、

それでもあまりの衰弱に希望もなかった。日曜は息子も

トレッキングに行かなかった。はながもう駄目だと思ったからだと思う。

ポカリスエットを飲ませていると、不思議なことに少しづつ元気になってきて、

今日はもう、自力でかなりの距離を移動するようになった。

チーズを食べさせたり、ヨーグルトや生卵なども暇があれば

食べさせた。そしてインシュリンも続けた。

4日目の今日、はなは生き返ったのである。

今はほっとしているが、これが親とか連れ合いとかだったら、

どんなだろう。老々介護の悲惨な実態をニュースで聞いているが、

たかが猫に4日という短い期間でも、どんなに疲れたか。

はなは生き返ったが、期間のない看取りだとどれほどのことかと、

思わずにはいられない。

わが老後にも思いをはせて、何とか息子に迷惑かけないよう

ピンピンコロリと逝きたいものだと願わずにはいられない。

はなよ、できるだけながいきしておくれ。


a0173527_09465290.jpg





[PR]
by cyanagitani | 2017-02-28 09:47 | Comments(7)



異郷の地ではぐくんだ花たちとChieko's Life
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
匂いはないみたい。リンゴ..
by cyanagitani at 05:08
ローゼルのジャム良い香り..
by hananojiyusenritu at 11:45
アブチロンですか。初めて..
by cyanagitani at 16:56
快方に向かっているとのこ..
by ランタナ at 08:55
ランタナ様 ただいまはか..
by cyanagitani at 12:12
ご生還、ご退院なさって日..
by ランタナ at 08:10
いやいや、もしかしたら死..
by cyanagitani at 10:44
あなた、もしかしたら死な..
by hananojiyusenritu at 09:32
強心臓のはずの私が、心臓..
by cyanagitani at 00:42
ペースメーカー・・・心臓..
by hananojiyusenritu at 20:02
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ローゼルの収穫
at 2017-10-04 08:15
無事に生還
at 2017-09-28 08:46
九月十二日の収穫
at 2017-09-13 23:25
ローゼル
at 2017-09-12 09:22
贅沢な話。
at 2017-09-08 08:33
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧