愛しの花たち in Canada

2017年 03月 15日 ( 1 )

愛しの花たち(人物)

近々個展をすることになっているのだが、テーマをどうするか

悩んでいた。で、長く描いてきた花や人物をテーマにすることにした。

人物は主に裸婦を20年以上もモデルを使って描いてきていた。

クロッキーやタブロウなど・・・・。

お金もなくて(今もだが)グループを組んでモデルを雇い

モデル料を、捻出していたのだった。

あの頃は、若さのせいで情熱があったなあ。

そういえば、その頃小説も書いていたのだった。

そこそこあちこち応募して、佳作や候補どまり。情熱あったよね。

ある時、花の花子から電話があって、私、朝日新人文学賞の

候補になったよと。彼女とはずっと仲間だったのだった。

そしたら、実は私にも直前に朝日新聞の編集部から電話を

もらっていた。奇遇なことに二人とも候補になっていたのだった。

結果は二人ともお陀仏・・・・・。笑

その後、鳴かず飛ばず、今は小説に対する意欲も消え失せてしまっている。


そんなころ描いていたのがこのデッサン。ガラスの照り返しが

まずいが一応載せておこう。


a0173527_04431390.jpg




そして、一時期クリムトに魅せられて、クリムト風の絵を描いて

いたこともあった。これは残っているが、一点は花の花子のところにある。

私の出版した本の表紙に使っているものだ。



a0173527_04421440.jpg




モデルを多用して描いていたころ。裸婦の中では私の

一番好きな作品である。



a0173527_04414270.jpg



夫に逝かれて、カナダに移住したころ、ロッキーに旅した

ころに出会った親子である。これも私の好きな作品。



a0173527_04435020.jpg



これはカナダ移住して10年もたったころか、

グランビルアイランドの雑踏中で、コンクリートの階段に座り込んで

携帯電話をいじっていた女の子である。



a0173527_04442048.jpg

フランスには6回ほど訪れたのだが、2012年ころ、南西フランスの

駅のプラットホームで出会った少女たち。

a0173527_04450360.jpg


これもそのころ、トールーズの町中のレストランでの風景。

老夫婦が、会話もなくアイスクリームを食べている様子が

ほほえましくて描いてしまった。

a0173527_11331983.jpg



写真の撮り方が良くなくて残念だけど、心覚えのために

載せておこう。




[PR]
by cyanagitani | 2017-03-15 05:07 | Comments(6)



異郷の地ではぐくんだ花たちとChieko's Life
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
匂いはないみたい。リンゴ..
by cyanagitani at 05:08
ローゼルのジャム良い香り..
by hananojiyusenritu at 11:45
アブチロンですか。初めて..
by cyanagitani at 16:56
快方に向かっているとのこ..
by ランタナ at 08:55
ランタナ様 ただいまはか..
by cyanagitani at 12:12
ご生還、ご退院なさって日..
by ランタナ at 08:10
いやいや、もしかしたら死..
by cyanagitani at 10:44
あなた、もしかしたら死な..
by hananojiyusenritu at 09:32
強心臓のはずの私が、心臓..
by cyanagitani at 00:42
ペースメーカー・・・心臓..
by hananojiyusenritu at 20:02
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ローゼルの収穫
at 2017-10-04 08:15
無事に生還
at 2017-09-28 08:46
九月十二日の収穫
at 2017-09-13 23:25
ローゼル
at 2017-09-12 09:22
贅沢な話。
at 2017-09-08 08:33
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧