愛しの花たち in Canada

<   2010年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

CliffroseLetter Vol.72 2010.12.31 思い出とへぼ将棋

クリックよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

HP http://cyanagitani.com/
http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm


皆様、お元気でいらっしゃいますか。今年もいよいよ

押し詰まり、私も生物学的には信じられない年となり

ました。内面はいまだ若いつもりでも、体のあちこちは

がたが出てきていますね。しかし、日本を出てて13年、

よくぞ異郷の地で、いまだ生きている不思議に、感慨

無量です。

さて、今回は、Chiekoさんが、最近はまっている物

についてです。

時間はたっぷりあります。極地に近いカナダの冬は

何もすることがないのです。実は、冬の夜長、へぼ

将棋にはまっているのです。息子は相手をしてくれ

ないので、相手はネット、無料のサイトです。参考に

なるかも知れませんからここにコピーしておきましょう。

http://sdin.jp/browser/board/shogi/


相手はネットですから、うっかり指し間違って、

「待ってー」と叫んでも、待ってはくれません。

負けることも多いのですが、実は信じられないこと

に、勝つこともあるのですよ。本当です。


話しかわって昔、46年ほども昔、私は京都で

学生生活を送っていました。夫となる晏秀とは、その

ころもう付き合っていましたから、彼は休みの

たび、北区上賀茂の女ばかりの下宿を訪れて

いました。棟割長屋の一軒家で、女ばかり五人、

私たちは貧しい共同生活をしていたのでした。

晏秀はそこに遊びに来て、私たちにあろうことか

将棋を教えたのです。よほど、楽しみに飢えて

いたのでしょう。みんなすっかりはまってしまいました。

朝に夜に将棋将棋、あの時、桂馬は、角は、飛車は

、ああ動けばよかったか、などと夢にまで見る始末・・・・。

学業そっちのけで将棋の日々でした。笑

さて、五人の女の子は卒業し、それぞれの人生を

歩みだし、晏秀と私も、そのころ誰もがそうであったように、

貧しい結婚生活をはじめたのでした。あれから46年。

子育てに追われ、生活に追われ、もう将棋板などに

向かう余裕もなくなっていました。そして、幾多の艱難

があり、老いて来ました。その間、夫は逝き、親友も

黄泉の国に旅立ちました。そして、私は46年後、

異郷の地カナダで、夫に教えられた将棋を思い出し、

思い出し対戦しているのでした。


「コンチクショウ」だとか「クソッ」とか、レディ?に

あるまじき奇声を上げて、真夜中ヒステリックに白熱

しているさまを、ご想像ください。皆さんの背筋も凍る

かもしれませんね。笑


はて、彼の地でこのさまを、夫はなんと眺めている

ことでしょう。「あほやなあ」と彼の口癖が聞こえて

きそうです。


さて、mixiに掲載している日記をご覧になれない

方のために、ブログを始めました。お暇なときに

お尋ねくださいませ。

http://cyanagitan.exblog.jp/

皆様が健やかで、よりよい年をお迎えに

なられますよう願っています。


Cliffrose亭 亭主 柳谷Chieko拝


""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
Love from Chieko Yanagitani in Greater Vancouver
E-mail cyanagitani@shaw.ca
msn cyanagitani@hotmail.com
URL  http://www.cyanagitani.com
URL   http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm
Blog   http://cyanagitan.exblog.jp/
Skype  yanagitani
mixi   cliffrose

暖かい写真を貼っておきます。


a0173527_1052885.jpg


a0173527_10541461.jpg


a0173527_1055195.jpg


a0173527_10563612.jpg


a0173527_1059128.jpg

[PR]
by cyanagitani | 2010-12-30 11:01 | ガーデニング | Comments(0)

クリスマスイルミネーション

クリックよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

HP http://cyanagitani.com/
http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm


朝からバックヤードの西北角のブラックベリーの枝をはち、

息子と二人で根っこ掘り起こす。カナダでは、ブラックベリー

は雑草である。放置すると巨大な凶器となる。とげがひどい

のである。熟れた実が落ちて、また芽が出る。

ブラックベリーが勝つか、人間が勝つか。ほとんど負け

てはいたのだけれど、冬場、ブラックベリーが葉を落とし、

油断しているのを見定めての急襲である。

完璧ではないが、ほぼ、何とか勝利を得ました。来年は

ここにローリエを植えましょう。

その後買い物がてら、イルミネーションツアー。息子が

案内してくれました。もう夜は私は運転できません。

危ないです。年ですねえ。あちこち夜の長いカナダなら

ではなの派手さですが、古いデジカメではよい写真は

取れません。ハァ・・・。

a0173527_1454885.jpg


a0173527_14551052.jpg


a0173527_1456884.jpg


a0173527_1457581.jpg


a0173527_1458514.jpg


a0173527_1459680.jpg


a0173527_15072.jpg


a0173527_1511874.jpg

[PR]
by cyanagitani | 2010-12-29 15:06 | Comments(0)

2010年 Chieko流スモークトサーモン。

クリックよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

HP http://cyanagitani.com/
http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm


今年は4000万匹もサーモン帰ってきたそうです。

そのおこぼれを得て、今年はずいぶんスモークしました。

四年もかかってふるさとの川に帰ってきた鮭たちに感謝です。


頭を落とし、腹を割きます。

a0173527_2515445.jpg


三枚におろします。

a0173527_2541555.jpg


a0173527_2532993.jpg


腹骨をそぎ落とします。

a0173527_2552189.jpg


a0173527_2565549.jpg


ソミュール液に漬けます。水、砂糖、塩、粒胡椒、ローリエ、

白ワインなど14時間つけます。

a0173527_2583111.jpg


a0173527_302049.jpg


12時間クールスモーク。

火種が大きいと、煙の温度が上がりますので、大きな

お湯のみにチップとハンダゴテを入れていぶします。

この場合二日かかりました。

a0173527_3122196.jpg


出来上がりです。チーズクロスに包んでいぶします。

クロスの色が変わるころまで。

a0173527_3155219.jpg


a0173527_317929.jpg


おいしくいただきました。

a0173527_3134855.jpg

[PR]
by cyanagitani | 2010-12-28 03:18 | Comments(0)

キッチンのナイフたち

クリックよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

HP http://cyanagitani.com/
http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm



言い訳のようであるが、hanaの要望により、包丁を並べて

見ます。

13年前、一本のヘンケルの包丁を持って、日本を出た。

身のまわりのもの以外は、何も持ち出したくないと思った

のは、すべての過去を捨てるつもり だったからである。

予想もしない夫の旅立ちは、それほどのショックを私に

与えた。夫からはもちろん、すべてのものから見捨て

られた気がした。 もう過去は捨ててしまおう、未来だけ

を考えて生きよう。私はそう思った。ヘンケルの牛刀も、

高島屋で新しいのを買った。それが始まりであったが、

その後日本においてきた包丁たちも、カナダに移し、

旅に出るたび、あちこちで買い集めたりと、今では

60本あまり。一本一本に思い出があり、捨てられ

ないものばかりである。 一度に十数人の食事を作る

ことが多いが、大体、一回に五・六本は使っている。

数あるのはやはり必要だからである。

a0173527_1118163.jpg


 勢ぞろい

a0173527_11184376.jpg


イタリアと堺の和風牛刀。短いのは長い間

にここまでに。

a0173527_11194593.jpg


菜きり、刺身包丁、日本から。

a0173527_11205284.jpg


ヘンケルの牛刀とと料理バサミ。

a0173527_11224448.jpg


パンナイフ。

a0173527_11233696.jpg


IKAで買った安物。柄が合板で爆裂した

ので、自分で修理。

a0173527_11243856.jpg


a0173527_11261861.jpg


 これも一応仲間。ミートスライサー二台目

である。イタリア製。

a0173527_11265422.jpg

[PR]
by cyanagitani | 2010-12-26 11:32 | Comments(2)

スープカップ

クリックよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

HP http://cyanagitani.com/
http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm



hanaがスープカップを見せろというので、ここにアップして

おきます。 どれも上等のものではなく、10客ずつは必要

なので、最近愛用のオーブンに入るタイプを載せておきます。

洋風のスープ皿は今回は除外です。

パエリアなべも10客持っていたのに日本から引越しのとき、

どうやら運送会社が一箱紛失した中に入っていたらしい。

a0173527_2016343.jpg


a0173527_2016319.jpg


a0173527_2017029.jpg


a0173527_20173252.jpg


a0173527_2018175.jpg


a0173527_20182668.jpg


a0173527_20185474.jpg


a0173527_20193847.jpg


ついでにこれも

  
a0173527_20222168.jpg

[PR]
by cyanagitani | 2010-12-25 20:22 | Comments(1)

Cutting Boards まな板

昔、日本にいるころ、たくさんまな板を作った。迷惑を顧みず、

友人たちに差し上げたものだが、そのうちの数枚はカナダの

我が家に、今もある。お料理するには、包丁はもちろん重要

ではあるが、まな板もとても大切なものだと私は思う。

先日hanaとskypeで話していて、まな板の話が出た。彼女も

私の作ったまな板を持っているとのことだった。もう20年ほど

も前ではなかろうか。

そのころ私は家の中を改造したり、額を作ったり、スプーン

ラック、ナプキンリング、表札など、わけのわからないものを

たくさん作っていた。木工製品のの展覧会までしたものだった。

今も額や、壊れた急須のふた、ウッドデッキ、などなどなど・・・。

こうじて銘入りの焼き印まで作ってしまった。

今度生まれ変わったら、大工さんか、指物師になりたい

ものだ。

    
a0173527_13321943.jpg

日本で持っていたもの厚くて大きく重く私のお気に入り。

    
a0173527_13331269.jpg

スペインから買って帰ったもの。

    
a0173527_1335760.jpg

自作のもの。銘の焼印を入れている。

    
a0173527_13364898.jpg

自作のもの。

    
a0173527_13382883.jpg

焼印。

ほかにも大きなサーモンよう、魚用などのプラスティック板、

グラス板など。




クリックよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

HP http://cyanagitani.com/
http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm
[PR]
by cyanagitani | 2010-12-21 13:41 | Comments(2)

外は冬景色なので、春夏の花たちをあっぷします。

バンクーバーの冬は雨ばかり。例年雪はは思ったほどは降ら

ないのだが、今年は異常気象のせいで、どうかしら。夏の思い

出をアップして見ましょう。

少しでも明るい気持ちになりたいです。

お花を育て始めたのは、ハミングバードが蜜を求めて通っ

てくるのを知ったから。ハミングバードは、ハニーサッカル

やフューシャを好むので春先からハンギングにしている。

あの小さい体で、彼らはメキシコからわたってくるのだそう

である。



 
a0173527_173639100.jpg


 
a0173527_17122061.jpg


 
a0173527_1713079.jpg


   
a0173527_17134987.jpg


    
a0173527_17164182.jpg


   
a0173527_17201023.jpg


   
a0173527_17242737.jpg


   
a0173527_17371453.jpg


  春よこいですね。


クリックよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

HP http://cyanagitani.com/
http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm
[PR]
by cyanagitani | 2010-12-16 17:44 | ガーデニング | Comments(0)

夏のころのお話。

クリックよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

HP http://cyanagitani.com/
http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm



連日報道される猛暑の中、世界的な異常気象の例に漏れず、

バンクーバーもここ三日ほどは30度前後の暑さになってい

ます。湿気がさほどないのですごしやすいが、日ごろ暑さに

慣れていないので、やはり応えます。

我が家の夏の花のメインは枝垂れるベゴニアなのだが、

あまりの暑さに葉がちぢれ、焼けどしているほど。


   
a0173527_14141378.jpg


   
a0173527_14151833.jpg


   
a0173527_145390.jpg


   
a0173527_1455361.jpg


   
a0173527_1463333.jpg


   
a0173527_1471785.jpg




今回は、買ったほうが安いのではないかといわれている

野菜などの収穫物についてです。

例年、春先から日差しのある窓際で栽培している野菜たち

の結果です。パソコンのそばにおいて霧吹きやら、ピンセット

での植え替えやら、お世話させていただいての数ヶ月、

やっとですよ、やっとトマトにきゅうり、小さななすび、取れ

始めました。

日本ではこの時期、おいしい水なすび、細いきゅうり、しし

とう、どんなにたくさん 取れているでしょう。

思えば悲しいですが、我が情けない野菜たちを、水を

やりつつ、毎日、叱咤激励しての結果が写真のとおりです。

気候の違う日本のものにこだわっているのがいけないのは

わかっているのですが、しかし、やはり日本の種にこだわる

のですね。。


昔、日本の野原でセイタカアワダチソウが黄色い波を

打っていたことが思い出されます。あれは帰化植物で

した。北米では見られないのですが、ルーツは北米なの

だそうですね。



ところで蕗、茗荷、カナダでの異邦人、いや違法植物、

我が家の帰化植物です。早春の蕗の薹、蕗の煮物、

食べきれないほど収穫できます。茗荷は八月です。

これも写真のとおり、たくさん収穫できます。日本でも

試していたのですが、こちらのほうがずっと蕗、茗荷の

性にあっている様子。


セイタカアワダチソウに匹敵するのは、すかんぽです。

川沿いなどで、 早春、可愛い竹の子様のすかんぽが

たくさん見られます。それがやがてにょきにょき成長

して、川岸を席捲してしまうのです。ボランティアを

集めて刈り取っても刈り取っても、倒した枝から

根が生えるのだそうで、こちらではジャパニーズ

バンブーと呼ばれて、忌み嫌われていると聞きました。


おかしいですね。葱も蕗も茗荷も、移住してきた先人が、

故郷の思い出に内緒で持ち込んだものに違いありま

せん。すかんぽも、幼いころかじった甘酸っぱい思い

出に持ち込まれたものでしょう。それがもう、本国でより

もしぶとくはびこっているのです。これって、まるで私たち

移民がこの地で、懲りずにサバイバルしているのを象徴

しているようでもあります。


といいつつ、バンクーバーの夏はもうすぐ終わりです。

この暑さが懐かしくなることでしょう。短い秋がいくと

長い冬が始まります。それまでに、新生姜と紅紫蘇の

成長を期待したいものです。
[PR]
by cyanagitani | 2010-12-13 14:17 | Comments(0)

過ぎたるは及ばざるが如し

生徒の一人が松茸屋と友人だという事で、ベイビー松茸を16

パウンド 買い入れた。松茸ご飯と松茸昆布を炊く予定である

が、処理するのに難儀した。


a0173527_13264270.jpg


a0173527_1328147.jpg


a0173527_13301130.jpg




東洋人こそ松茸は好むが、西洋人はスカンクマッシュ

ルームといって嫌うのだそうだ。ご飯の炊く匂いも嫌がるし、

魚の煮炊きするのも嫌がると聞いた。

人の味覚は17才くらいまでに培われたものに支配される

そうだ。 塩鮭、松茸ご飯、いくら丼、甘エビの握り、繊細な

われらが舌の味壺 に乾杯!!!

しかし、希少価値を重んじる日本人には、これは過ぎたる

は及ばざるが如しのような。



私はランチを釣りにして、お絵かき教室の生徒を集めて

いるのであるが、この秋の数週間は松茸ご飯と、土瓶が

ないので小さな土鍋なのだが、土瓶蒸し風が続いたので

ある。


クリックよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by cyanagitani | 2010-12-13 13:39 | Comments(0)

サーモンの遡上

ブログランキングに参加しています。ポチッと押してください

ませ。 よろしくお願いいたします。  


  人気ブログランキングへ 


アダムスリバーはあまりに遠いので、我が家から二時間

半ほどのWeaverCreekにサーモンの遡上を見に行った。

二度目である。まず驚いたのは、多くの見物客。

4000万匹もかえってきたとのことで、情報がいきわ

たっているのであろう。十年ほど前行ったときは、まばら

であった。その見物客のほとんどはアジア系、中国、

台湾、韓国・・・・。日本人も見分けがつかないけれど

いくらかはいるのであろう。

WeaverCreekの上流は10キロほど、産卵のために

作られた浅瀬の小川である。直前に堰があり、選ばれ

たものしか上流にいけないようにしているのだが、見た

ところ、選ばれずにひしめき合っているのはサッカイ

ばかりであった。前、来たときは、シロ鮭やコーホー、

チャムなど多くの紅鮭でないものが、堰の外で暴れて

飛び上がっているのをみたが、長い間、選び続けてきた

せいか、紅鮭のサッカイばかりが騒いでいた。


a0173527_18452248.jpg


  
a0173527_1850292.jpg



近くにハッチェリーがあるのでそこに移動させて、人工的

に産卵させるのか。岸近くに大きなコンテナが置かれて

あった。四年に一度帰らないでないでいいのに、たかが

一度の生殖のために、命を賭けなくてもよさそうなものにと

、おろかなCliffroseはためいきついたのである。

といいつつ、クールスモーク炉を作り、スモークサーモン

作りにいそしんでするchiekoである.


a0173527_18512563.jpg


a0173527_1852461.jpg


a0173527_1852328.jpg

[PR]
by cyanagitani | 2010-12-11 18:55 | Comments(0)



異郷の地ではぐくんだ花たちとChieko's Life
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
匂いはないみたい。リンゴ..
by cyanagitani at 05:08
ローゼルのジャム良い香り..
by hananojiyusenritu at 11:45
アブチロンですか。初めて..
by cyanagitani at 16:56
快方に向かっているとのこ..
by ランタナ at 08:55
ランタナ様 ただいまはか..
by cyanagitani at 12:12
ご生還、ご退院なさって日..
by ランタナ at 08:10
いやいや、もしかしたら死..
by cyanagitani at 10:44
あなた、もしかしたら死な..
by hananojiyusenritu at 09:32
強心臓のはずの私が、心臓..
by cyanagitani at 00:42
ペースメーカー・・・心臓..
by hananojiyusenritu at 20:02
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ローゼルの収穫
at 2017-10-04 08:15
無事に生還
at 2017-09-28 08:46
九月十二日の収穫
at 2017-09-13 23:25
ローゼル
at 2017-09-12 09:22
贅沢な話。
at 2017-09-08 08:33
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧