愛しの花たち in Canada

<   2015年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

今日のお仕事。

ほっぽり出していたシークレットガーデンの整理をした。

10時から気が付けば午後2時半になっていた。

鉄製のハンギングが壊れていて、その修理に時間がかかった。

もう15年ほど使っているものだから、今年が最後かもしれない。

壊れかかったハンギングバスケットでも、ここで過ごした多くの

日々を思うと、愛おしい。

a0173527_10242490.jpg


a0173527_10251716.jpg


アナベルの健康な芽。

a0173527_10262062.jpg


階段はまだ整理ができていない。

a0173527_10305272.jpg


気が付けば南高梅の小さな実がたくさん。

a0173527_10273472.jpg


すべて世はこともなし。



http://www.cyanagitani.com/index.htm
http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm


にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by cyanagitani | 2015-04-30 10:32 | Comments(2)

みゆみゆのうたたね。

私のベッドの上でみゆみゆが昼寝中。

きもちよさそう。こんなかわいい時もあるのよね。

a0173527_1262934.jpg


a0173527_1271518.jpg


a0173527_1282045.jpg


みゆみゆは今も問題児である。かつてそのことについて書いたことがある。

http://cyanagitan.exblog.jp/11906873/

みゆみゆは長く一人娘としてかわいがられていた。

a0173527_13483182.jpg


その後もらわれてきたはなとルーシーに愛を横どられたと誤解してか、

今もなお、ぎゃあぎゃあと喚き散らし、けんかを売りまくっていて、

困ったものである。

手のかかる子ほど、かわいいというが・・・・。


http://www.cyanagitani.com/index.htm
http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm


にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by cyanagitani | 2015-04-28 13:24 | Comments(2)

私の居場所

今日の第二バルコニーです。

a0173527_222515.jpg



レタスが膨れるほどに育っています。菊菜がびっしり。

モロッコいんげんがすべて発芽しました。そして赤紫蘇。

太陽が大切なカナダでは、太陽のあるところどこでも探して

育てたいのです。

a0173527_2324475.jpg


ここは、一昨年、思いついて、私が無理無理作った場所。

バーゴラの上で、私の部屋のそば。

空と森との間に見えるのはアメリカ。少し右側に続いて

太平洋は見えないが、遠く日本の在るはずの方向。

17年前夫に先立たれて移住以来の、ここは、私の居場所。

太陽が当たるところがあれば、私はそれで満足。

窓際の蜜ツボに訪れるハチドリを目で追いながら、

さあ、今日も農婦は働くぞ!!!!



にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村
[PR]
by cyanagitani | 2015-04-27 02:27 | Comments(2)

茗荷竹とバックヤードのハンギングバスケット

たくさん採ってしまうと、茗荷の花が出なくなるとまずいのだが、

柔らかそうな芽がたくさん出てきたので少し収穫。リンゴ甘酢に漬ける。

a0173527_751176.jpg


a0173527_754794.jpg


バックヤードに10個ハンギングバスケットをつるした。

今年は少し地味めだな。枝垂れベゴニアが売り出されるまではこれで行こう。

a0173527_783643.jpg


a0173527_7173838.jpg


今日の下界。

a0173527_7184347.jpg




http://www.cyanagitani.com/index.htm
http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm


にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by cyanagitani | 2015-04-23 07:14 | Comments(2)

間引きについて

野菜は、種から育てることが多い。小さなプランターに蒔くので

たくさん要らないのだが、ついつい多く蒔きすぎる。だから

必然的に芽も沢山出すぎてしまう。

初めのころは、というより今でもというべきか、私は間引きが

苦手である。若芽を選別して引っこ抜くことが難しい。

かわいそうでたまらない。せっかく生を受けて生えてきたのに

残酷にも摘み取るなど、やさしい?私にはとてもできない。

昔、東北地方では、望まれずに生まれた子を間引きといって、

川に流したりしたしたそうだ。ためらわれるのは、そんな記憶の

せいかもしれない。しかし、厚く生えてしまった青々とした芽が、

そのままでは、大きくは育たない。それはわかってはいるのだが・・・・。


私の友人にも同じようなのがいて、ある年、蒔いたトマトの苗を

みんな助けて100本もトマトを育ててしまったという。

二人だけの家族でおおすぎである。おまけに彼女はプランターで

育てていたのだが、プランターが足らずにペットボトルに穴を

空けて使っているのを見て笑ってしまった。


さて、私はそこまではいかないが、いつも間引きが遅れてしまう。

決断が遅い。昨日収穫した小蕪は、心を鬼にして間引いたので、

かろうじてそこそこ大きくなった。うれしい。


苗を育てていると、それがまるで人間の赤ちゃんのように

見えてしまう。こんなことでは、農婦の資格はないなあと

自嘲している。


あ、間引きを少なくするには、種を少なく蒔けばいいだけでは

あるが、不思議なことに、競争がないと育ちが難しい植物が

あるから、ますますややこしい。

農業は人を育てるのに似て、奥が深い。

a0173527_1517559.jpg





花・ガーデニング ブログランキングへ

http://www.cyanagitani.com/index.htm
http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm
[PR]
by cyanagitani | 2015-04-21 15:23 | Comments(0)

小蕪収穫

日本の種を蒔き、小蕪が育ちました。

a0173527_11354579.jpg


お漬物にします。おいしいよ。

a0173527_11361572.jpg


期待していたナーサリーへ行くがまだフューシャは出ていない。

ちょっとがっかりして、フリーマーケットに行きました。

a0173527_11365595.jpg


a0173527_1138172.jpg


a0173527_11385661.jpg


たいして期待したものはなく、寄せ植え用の草花をかって帰ってきました。

明日は草花のハンギングを作ろう。




花・ガーデニング ブログランキングへ

http://www.cyanagitani.com/index.htm
http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm
[PR]
by cyanagitani | 2015-04-20 11:44 | Comments(2)

脇役たち

何十年前か、hanaと一緒に有田の陶器市に行ったことがある。

その時に買った小さな小さな小鉢に、彼女のブログで、ゆで卵を

入れている写真を見たので、陶器市で買った話をしたら、覚えて

いないという。

お互い年だから、いや私のほうが何歳か上なのだが、忘れた過去が

多くなってしまった。

豆小鉢にはそんな思い出が多いので、ここに張り付けて

みようと思う。17年前に移住してきたときに失われたものも

多いのですべてではないが。

ゆで卵の入っていた豆小鉢。

a0173527_2252259.jpg


すべては写りませんね。

a0173527_2253053.jpg


洋皿もあります。

a0173527_22534367.jpg


大概は陶器市で捨てられたように取り残されていた篭の中から

拾いだされたものなのだけれど、私には愛おしいものたちである。

a0173527_23165844.jpg






花・ガーデニング ブログランキングへ

http://www.cyanagitani.com/index.htm
http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm
[PR]
by cyanagitani | 2015-04-18 23:19 | Comments(2)

F1 遺伝子組み換えについて

日本の野菜の種にこだわることはないと思いつつ、料理の仕方が

わかりやすい日本の野菜にこだわっている。しかし、日本とカナダでは

気候も土質も違う。それで、やっと手に入れた種に花を咲かせて、この国の

土にあった種を作ろうと努力してきた。


何年か前、フランスに旅したとき、フリーマーケットで、面白い形の

トマトに出会った。エアルームトマトといって祖先伝来のトマトらしかった。

これは、その時、食べたトマトのたねを持ち帰って育てたものである。

a0173527_12204674.jpg


エアルームと名の付いた野菜はたくさんあって、どうやら祖先伝来大勢の

人たちに大切に守られて受け継がれてきたものらしかった。

そういえば昔、親たちは、種用の巨大なキュウリや、大根やホウレンソウに

花を咲かせたり、ネギ坊主を作ったりしていたのを思い出す。

日本の野沢菜や菊菜はそれができるが、最近は種を取っても芽が出なかったり

育たないものがあることがわかった。

これは日本由来の種らしいのだが、白麗 Hakureiとなっている。

a0173527_1284274.jpg


しかし、下にF1としっかり書かれている。

a0173527_12103411.jpg


左の種はかぼちゃと書かれていて、F1である。右はバターカップでOP。

OPとは何の略だろうか。オリジナルプラント?

a0173527_12112769.jpg


今回はターツアイも買ってみた。おいしい野菜である。

a0173527_12122454.jpg


F1の種の次世代はなぜ育たないのか。植物が自殺するように? 自滅するように

遺伝子が組み換えられているのだそうである。なぜか、種を作る会社が

儲からなくなるからである。

きっと今に世にある植物たちは、まるでハーメルンの笛吹の後を追うように

モンサント社のトリックに紛れて、彼方にきえてしまうのではなかろうか。

これはただ事ではないと思うのは私だけか。



花・ガーデニング ブログランキングへ

http://www.cyanagitani.com/index.htm
http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm
[PR]
by cyanagitani | 2015-04-17 12:42 | Comments(2)

花山椒の収穫



有名ブログに花山椒のをアツアツご飯にのせて醤油を

かけるとおいしいと書いてあった。

山椒は雄二本、雌四本持っている。花山椒とは雄木の

ことである。雄の花は最後は散ってしまうのは知っていたが、

それを食べることができるとは全く知らなかった。

で、ちょうどそのシーズンなので、朝から花ばかりつんでみた。

雄の花

a0173527_1562072.jpg


雄花は時期が来るとこんな風に落ちてしまいます。

a0173527_1583583.jpg


これが雌花。地味です。これが大きくなって山椒の実となります。

雄花がないと結実しません。雌雄二本はいるってことですね。

a0173527_1571857.jpg


雄花を積んでいると手が黄色になりました。においもいいです。

a0173527_159393.jpg


雄木が二本あったのでかなり取れましたが、めんどくさい。笑

a0173527_232188.jpg


醤油漬けにしました。

a0173527_24106.jpg


写真はないけれど食べてみました。うんまあ、山椒の匂いですね。

トマト一ケース、12.99cd

a0173527_252755.jpg


ネギ坊主のてんぷらの話も聞いたので畑をチェックしたら

ありました。ありました。今夜のおかずですね。

a0173527_262080.jpg


目から鱗の日でした。



花・ガーデニング ブログランキングへ

http://www.cyanagitani.com/index.htm
http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm
[PR]
by cyanagitani | 2015-04-16 02:09 | Comments(2)

漂える船

今日は快晴。向こうに一隻船が漂っている。

私の窓から見える今朝の風景。

あの船はどこへ行こうとしているのか。

a0173527_3125736.jpg


夫のいますMt.Bakerか。はたまた我が家へか。

a0173527_3133328.jpg


風になびく旗が見えている。

a0173527_3141452.jpg


快晴の朝は霧が晴れるのが早い。

a0173527_3145858.jpg


泡沫の船はいずこへ。

a0173527_3154481.jpg


泡沫ははかなく現実はいかんともしがたし。

さても、この広大な国土のカナダで、なぜにあのようなビルが

必要なのか。一区画も安くない小さなコンドミニアムが

いずれスラム化していくことを、知ってかしらいでか。

日はまた昇り日はまた沈む。


 物書きになりそこないのCliffrose。



花・ガーデニング ブログランキングへ

http://www.cyanagitani.com/index.htm
http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm
[PR]
by cyanagitani | 2015-04-15 03:23 | Comments(2)



異郷の地ではぐくんだ花たちとChieko's Life
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ランタナ様 私もびっくり..
by cyanagitani at 08:44
すっご~い。103歳! ..
by ランタナ at 17:21
103才からメールをもら..
by cyanagitani at 15:47
なななんと~103歳?と..
by hananojiyusenritu at 12:50
ランタナ様 これだけ育て..
by cyanagitani at 13:15
橙が来たのでこれでわがノ..
by cyanagitani at 13:12
どこの農家の写真?って思..
by hananojiyusenritu at 12:47
首を長くして待っていた息..
by hananojiyusenritu at 12:44
わぁ、やはり「バンクーバ..
by ランタナ at 08:21
ランタナさん やっと帰っ..
by cyanagitani at 06:39
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
人生の大先輩の訪問
at 2017-12-01 14:06
最近のバルコニーファーム 1..
at 2017-11-27 07:44
息子の帰還
at 2017-11-27 04:04
聖護院蕪と飛騨の赤蕪、日の菜..
at 2017-11-09 08:41
日の菜
at 2017-11-01 08:47
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧