愛しの花たち in Canada

<   2015年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

アーチの薔薇


一重が好きなので、アーチに絡ませたのも一重の薔薇。

a0173527_07314781.jpg

私の好きな矢車草。ここにも種が売ってありました。


a0173527_07335015.jpg
日本でも持っていた古花のニュードーン。

a0173527_07354087.jpg



白いジキタリスもきれい。



a0173527_07411042.jpg


今日は27度くらいあるらしい。暑い。







[PR]
by cyanagitani | 2015-05-30 07:44 | Comments(2)

みゆみゆの爪切り



わがままみゆみゆの話は前にも書いた。もともと本人は

シャイなので客があると隠れてしまって、我が家に真っ白い猫が

いることをあまり知っている人はいない。ところが家族や他の猫の

前ではみゆみゆは横暴である。

とくに、私とはなは、いつも猫パンチの攻撃を受けるので

脅威である。みゆみゆの爪切りは必須である。鋭い爪先で

どれだけ私たちは負傷 ? したかしれない。

もちろん、彼女は爪切りが嫌い。今までもバスタオルや

毛布でくるんだり、洗濯用のネット袋に入れたり、いろいろ

試してみたが、ますます暴れて、素直におとなしく爪切りをさせた

ことがない。そんな時はおまけに噛みつかれる。

そこで息子がネットで検索、面白いものを見つけた。

よく考えられた猫袋である。

a0173527_01062970.jpg

ご機嫌をうかがいながらそろそろと、

a0173527_01070111.jpg

右と左の手を出しマスクをはめます。鉄仮面みたいに。

奇妙だが、彼女はこれを着ると急におとなしくなる。

a0173527_01074356.jpg

そして素直に、両手、両足の爪を切らせます。うなりもせずに。

a0173527_01091673.jpg

これって素晴らしい。これを考え出した人は天才だと思う。

みゆみゆとの長い共連れの間、どれだけ彼女の爪切りに悩んだろうか。

彼女のだらつと垂らした手をご覧あれ。

きっとこの状態、状況が、気に入っているにちがいない。笑






[PR]
by cyanagitani | 2015-05-28 01:26 | Comments(4)

ガディーボにクレマチス

このガディーボも15年ほどの古いもの。

この周りにクレマチスをはわせる計画が初めからあったのだが、

なかなか思うようにいかなかった。クレマチスも古いもので、

あまり剪定せずに育ててきていたのを、実は去年スパッと古い枝を

切ってしまった。

それがよかったのかどうか、今年は勢いを増してガディーボに

まとわりついている。


a0173527_11252589.jpg


a0173527_11262362.jpg

花はまだだが、とても楽しみにしている。









[PR]
by cyanagitani | 2015-05-27 11:28 | Comments(2)

ハミングバードの生態

日本ではハミングバードに出会ったことはなかった。こんなに

小さな鳥がいるのも知らなかった。写真でみることはあっても、

おとぎ話の中のことかと、気にも留めてこなかった。

移住してすぐ、裏のハニーサックルに大型の熊蜂のようなものが

飛んでくることに気付いた。それが小鳥だと確認した時、

それはやはり、天国も地獄も信じていない私でさえ、ここは

天国かなと思わずにはいられなかった。

初めて撮った写真、17年前のもの。

a0173527_00532802.jpg

始めたばかりのパソコンはやっとwindows95、当時はまだデジカメなどなく、

普通のカメラからホームページに取り込むのも大変な時代だった。

画質はともかくよくこれだけの画像が撮れたと思う。

そして今、パソコンも操りやすくなり、取り込みやすいデジカメもできた。

あれから17年、

これはフロントのわが部屋のそばの写真である。

a0173527_00590603.jpg

砂糖水の餌が年中供給されるとなって、二人、いやニ羽は丸々と太って

のんきなものである。もう、花から蜜を吸う面倒くさい慣習は忘れてしまった

のかもしれない。

a0173527_01020002.jpg

いやそれだけではない。遠くメキシコからわたってきたのさえ忘れて、

この寒いカナダで越冬までしているようだ。

いつも来るのはこの夫婦だけだか、たまにもう1羽入り乱れていることもある。


きな臭い世界情勢を聞くにつけ、いつまでもこの穏やかな日々が

続きますようにと願わずにはいられない。








[PR]
by cyanagitani | 2015-05-27 01:06 | Comments(2)

今日の収穫

よもぎが食べられると知らなかったわけではない。春先、餅を搗くとき

野原に出て、よもぎを積んでくるように、親から、よく言われたものだった。

しかし、汁の実や、てんぷらにできるとは知らなかった。すべて韓国系の

生徒たちから教えられたのである。彼らはかぼちゃの葉や、蕗の葉も蒸して

ご飯を包んで食べる。蕗の茎しか日本人が食べないことを言うと

驚いていた。味は、ほろ苦くてよもぎの匂いがいっぱいでおいしい。


ところで今日の庭からの収穫物

よもぎ、採ればとるほど新芽が出て、ふくよかに春の匂いをさせている。

よもぎは友人が小さな根っこを一本、何年か前にくれたものである。

それが今では山椒の下に繁茂して、枯れることがない。

a0173527_11220198.jpg

先日書いたルバーブも今日収穫。まるで蕗のようであるが味は全く違う。

どうやらこれは大黄といわれる漢方薬らしい。カナディアンはルバーブの

パイが好きだそうだ。


a0173527_11251237.jpg

ルバーブが酸っぱいのは前にも書いたが、色も素晴らしく赤い。

カナダに移住して17年、狭い日本では知らなかったことのなんと

多いことか。いまだに驚くことの連続である。









[PR]
by cyanagitani | 2015-05-25 11:28 | Comments(2)

私の薔薇たち

名前の知らない私の薔薇たち。

a0173527_10241904.jpg

a0173527_10245035.jpg

a0173527_10253082.jpg

a0173527_10260796.jpg

a0173527_10264778.jpg

a0173527_10272770.jpg

a0173527_10281472.jpg

a0173527_10285185.jpg

a0173527_10294715.jpg

a0173527_10304033.jpg

a0173527_10313589.jpg

a0173527_10330240.jpg

最後のは薔薇の台木の野薔薇が伸びて可憐な花が咲いています。







[PR]
by cyanagitani | 2015-05-24 10:38 | Comments(2)

ジャガイモ

初めてまともにジャガイモが栽培できそうです。

ガーデンセンターで買った種イモさすがです。残り物の

コスコのジャガイモを植えましたが一つしか芽が出ません。

これはたぶん放射線処理かなんかされているんだろうなあ。

腐ってもいなかったので、息子がポテトチップスに

してしまいました。

a0173527_07372022.jpg

おいしい新じゃが楽しみです。

農業は見た目にはのんきそうでも、大変なことが日々わかります。

夫の母親が体を二つに折れるほどに働いて、あの義実家を支えてきたことを

思うと頭が下がります。みかん、たけのこ、米と死に物狂いで働いて、

報われることはあったのだろうか。しかも、たいせつな一人息子に

先に逝かれてしまった。あの人が不平を言っているのを聞いたことが

ない。弱そうに見えて実は強い女性である。運命の襲ってくるまま、

逆らわず、淡々と生きている。

今は孫の顔もわからなくなって、もう92歳になる。

彼女の息子の嫁であって、夫亡きあと、カナダに逃げ出してしまった

私には、とてもまねのできない女性である。








[PR]
by cyanagitani | 2015-05-24 07:45 | Comments(0)

ルバーブ

ルバーブの葉の形が好きなのだけれど、どのフルーツにもあう

その酸っぱさが好き。

イチゴにもブルーベリーにもラズベリーにもよくマッチする。

単独でも砂糖はいるが、独特でおいしい。

a0173527_13365636.jpg

数年前、秋口のガーデンセンターで、枯れた多くのルバーブの鉢を見つけた。

普通、最盛期で大きな葉を付けていると12ドルはする。枯れたルバーブの

値段を聞いてみた。2ドルだという。年を越して再び芽が吹けば12ドルで

売れるものを年を越して持ち続けるのをあきらめたのであろうか。

結局そこにある12鉢のルバーブを私が買い占めたのは言うまでもない。

そして、今年もこんなに大きな葉っぱを庭のあちこちで広げている。

少し多すぎる気もするが、それなりに見栄えがするのでまあ、いいかなと。

ありがとう、ルバーブ。









[PR]
by cyanagitani | 2015-05-23 13:43 | Comments(0)

今日もかわりばえしなくて。

何年も咲いているんだけど、名しらず。

こんな楚々とした花が私は好き。笑

a0173527_06502201.jpg
アスター、久しぶりに買いました。

a0173527_06521441.jpg

ビオラ、考えてみるとこの手の花はカナダ向きでないような。

a0173527_06533095.jpg

フォックスグローブ、植えたわけではなく、おのれ生え。
a0173527_06551918.jpg

ポピーもかって生えだけれど後ろのシダはコゴミの親。南国みたい。


a0173527_06571396.jpg

これも好きな一重の薔薇、でも名前は知らない。四本ほど持っている。


a0173527_06593122.jpg

とうとうモロッコいんげんの支えを建設いたしましたぞ。



a0173527_07010670.jpg

[PR]
by cyanagitani | 2015-05-21 07:03 | Comments(2)

ユーフォルビアの結末

長く楽しませてくれたユーホルビア、気が付けばこんな種子

のようなものができてました。びっくり。まるでコガネムシが

ひっついている感じ。

a0173527_01252656.jpg

昨日でシークレットガーデンの植栽は終わり。メインテナンスはいるけれど、

当分これ以上場所もないし、お金使いたくないし・・・・。

でもガーデンセンターへ行くと買ってしまうのが悪い癖。

a0173527_01280460.jpg
















強烈なのが咲き始めましたよ。

a0173527_01305919.jpg

  
さて、今日もウォーカーで頑張りますか。










[PR]
by cyanagitani | 2015-05-20 01:33 | Comments(2)



異郷の地ではぐくんだ花たちとChieko's Life
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ランタナ様 私もびっくり..
by cyanagitani at 08:44
すっご~い。103歳! ..
by ランタナ at 17:21
103才からメールをもら..
by cyanagitani at 15:47
なななんと~103歳?と..
by hananojiyusenritu at 12:50
ランタナ様 これだけ育て..
by cyanagitani at 13:15
橙が来たのでこれでわがノ..
by cyanagitani at 13:12
どこの農家の写真?って思..
by hananojiyusenritu at 12:47
首を長くして待っていた息..
by hananojiyusenritu at 12:44
わぁ、やはり「バンクーバ..
by ランタナ at 08:21
ランタナさん やっと帰っ..
by cyanagitani at 06:39
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
人生の大先輩の訪問
at 2017-12-01 14:06
最近のバルコニーファーム 1..
at 2017-11-27 07:44
息子の帰還
at 2017-11-27 04:04
聖護院蕪と飛騨の赤蕪、日の菜..
at 2017-11-09 08:41
日の菜
at 2017-11-01 08:47
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧