愛しの花たち in Canada

<   2015年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

小屋暮らし

今浦島の私などは全く知らなかったのだが、

最近は、小さな小屋を自分で建てて、望んで

すべての余分なものをこそげとった生活を

している若者が少なくないらしい。

ネットでサーフィンしていると実は日本だけではなく

世界的にもたくさんあることを知った。

http://smallhousenotes.tumblr.com/

うううっ、なんて楽しそうだろう。

いまさらながら、こんな生き様を見て、

心躍る自分がいるのに驚いた。

若ければなあ。見果てぬ夢を追いかけてみたいなあ。

まあ、見果てぬ夢はネット上ではいくらでも

代替体験できそうだ。



[PR]
by cyanagitani | 2015-10-29 14:07 | Comments(2)

隠し子たち

実は隠し子がいる。公にはしていなかったのだが、

このたび、存在が法的にも認められて、住まいを

大きくしたものだ。

ばらばらに育てていた時は、ないがしろにしていた。

正直枯れてもいいとさえ思っていた。ところが枯れない。

小さな鉢がたくさんでごちゃごちゃしているので、

あるとき寄せ植えしてみた。

すると何となく、様になってきたではないか。

a0173527_07112560.jpg

これは名しらずだが葉っぱにたくさん赤ちゃんが付くもの。

a0173527_07121599.jpg
これが赤ちゃん。

a0173527_07125310.jpg

赤ちゃんが地植えされたところ。

a0173527_07135401.jpg

キッチンの日の当たらないところなので、ティファニーライトに

植物用のライトを付けて照らしている。


a0173527_07143896.jpg

多肉植物なんて、興味なかったので、継子扱いに

していたのだが、そろそろ彼らにも市民権が・・・・。



[PR]
by cyanagitani | 2015-10-28 07:18 | Comments(2)

裏の畑の様子。

裏の畑は、管理がしずらい。バルコニーファームはその点簡単だ。

パジャマのまま、手入れをしたり、時を選ぶこともないし、

雨を気遣うこともない。

裏はその点大変、ナメクジも多いし、雑草も簡単に生えてくる。

パジャマというわけにもいかなくて、ついつい手入れが鈍ってしまう。

でもまあ、一応、育っています。

野沢菜、

霜が降ってからのほうがおいしいようなので、それまではこのままで。

a0173527_07314840.jpg


水菜も調子が良い。もう何度かお浸しに使った。


a0173527_07330071.jpg

大根、こんなものかなあ。間引きが遅かったかも。


a0173527_07345935.jpg

期待しないで植えた白菜だけど、やはりナメクジにやられている。

おいしいのだろう。

一度でいいからまともな白菜を育ててみたい。

a0173527_07370624.jpg


そしてこれは藪椿。思いのほかたくさんのつぼみがついている。

実も付いているので、いずれ我が家で椿油を絞るなんて・・・。

ありえないよなあ。



a0173527_07385942.jpg

あと、里芋が6株あるのだが、貧弱で写真に撮ってお見せするのもはばかられる。

hanaはあれだけ収穫があったんだから、私ももう少し粘ってみよう。



[PR]
by cyanagitani | 2015-10-27 07:41 | Comments(2)

生徒の一人が廃油で石鹸を作る方法を教えてくれました。

水に苛性ソーダを混ぜて、塩砂糖を混ぜ温めて

廃油を入れマヨネーズ状になるように撹拌し、

コーヒーやハーブでにおいを付け、形に流す。

とまあ、わからない英語での説明を受けました。

Iyeって 何だろう。多分カセイソーダのはず。

a0173527_11112462.jpg

この後二日おいて切り、涼しいところで一か月

置くそうである。

a0173527_11124028.jpg


話には聞いていたが、それほど難しくはないらしい。

今回はコーヒーを入れたが、ローズマリーや月桂樹、

レモンバームなど入れるのはどうだろうか。

一度日本語で検索して、私もトライしてみよう。





[PR]
by cyanagitani | 2015-10-25 11:15 | Comments(2)

今日も出会ってしまいました。

出会ってしまったのです。また・・・・。

松茸。開きすぎて少々くたびれてるけれど、

いや、松茸ごはんなら大丈夫。

って、買ってしまったのだ。また。

3キロ 49.9CD。

a0173527_11093268.jpg

一緒にいた息子の顔をうかがったけれど、NOとは言ってないみたいだった。

よし買いだ。これが本当に最後の。

a0173527_11114732.jpg

時間をかけてきれいにして、松茸ご飯用に切り刻む。

今度は火を入れずにこのまま冷凍してみよう。

この松茸はやはりプリンスジョージ生まれ。

ローカルのよりは砂が少ないのが助かる。

さて、いつもの韓国大葱も買いました。

a0173527_11145810.jpg
この根っこもまた再生だ。


[PR]
by cyanagitani | 2015-10-22 11:15 | Comments(2)

彼岸花

彼岸花に手を入れました。

a0173527_11060783.jpg


難しいなあ。集団で咲いている彼岸花・・・。


a0173527_11074016.jpg

グリーンシードレスグレープ まともな名前じゃないですね。

でもおいしいです。


ネタがないから私の部屋のドアでも。

a0173527_11100089.jpg


いらっしゃいませ。笑

よほどにネタがない証拠です。

あ、でも今日は選挙でした。もうカナディアンになって18年、

幾度も選挙に行きました。日本と比べて静かな選挙。

どうやら政権交代するらしいです。




[PR]
by cyanagitani | 2015-10-20 11:10 | Comments(2)

球根と肥料買いました。

アマリリス一球15ドル・・・・高ーーい。でも赤白買いました。

他にチューリップ、などなど肥料ともに19000円ほど。高ーーい。

a0173527_12293314.jpg

どうしてこんなに物価が上がるのだろう。花だけじゃない。

でも仕方ないね。果樹にも野菜にも肥やしが必要。

冬向けにまだまだ庭の整理にかかりそう。




[PR]
by cyanagitani | 2015-10-16 12:30 | Comments(2)

柚子が黄色くなりかけてます。



いよいよ、柚子が黄色くなりかけています。

もう収穫してもいいかも。この小さな木に10個は多すぎるかも。

a0173527_02111758.jpg

a0173527_02115835.jpg



立派でしょう。サンルームの中で立派なものです。

カナダで柑橘類がなるなんて夢でした。

でももう3度目です。ここまで大きくなったのは初めて。

それからサルビア ガラニティカ。

シーズンなのかますますきれいになっていきます。


a0173527_02153433.jpg
a0173527_02135413.jpg


毎日見て、うれしさをかみしめています。

この子の子孫がずいぶんあちこちに行っています。

きっとどこかでこの厳しい冬を生き抜くはず。




[PR]
by cyanagitani | 2015-10-13 02:17 | Comments(2)

高菜の収穫

バルコニーの畑にビニールの覆いをしたので、温かいのか高菜が

大収穫。こんなにたくさんどうしましょう。すでに前の収穫の高菜の

お漬物は保存済みだし。

a0173527_05140664.jpg

a0173527_05153798.jpg


それと野沢菜も少し。


a0173527_05163696.jpg

最近まで、バンクーバーでは蝶やトンボ、燕などは見ることがなかった。

最近モンシロチョウのような白い蝶を何度も見たのであれっと

むかしの 日本を思い出して、警戒していたのだが、やはり。

地球温暖化の証拠ですねえ。

高菜はピリ辛で、彼らは嫌いなはずなのに、十匹ほど青虫見つけました。

ビニールハウスの中は暖かくて快適だったのでしょうね。

彼らの黒々とした粒粒のうんちは隠しようもないです。

いずれにせよ、これからの寒さではもう蝶も産卵はできないでしょう。

無農薬をうたっているので、蝶には気の毒だけれど青虫には困ります。

多分週一で、これくらいの高菜は収穫できるでしょう。

またあと、水菜もレタスも葱もたくさん育つでしようねえ。

うれしいけれど、大変。

いずれカナダでも路地ミカンや稲作ができるようになるのかも。


[PR]
by cyanagitani | 2015-10-09 05:23 | Comments(2)

りんごのはなし

昨年買ったリンゴの木は紅玉と何かを掛け合わせたあかねと

名の付いたもので、今年も十個ほど実を付けた。それで作った

ジャムは紅玉を思わせるほど酸っぱみのある満足できるものであった。

これはお店で買ったもので、一番あかねに似ていて、今は毎日

三個ほど皮ごし食べています。やはり酸っぱめでおいしい。


a0173527_14264296.jpg


それで作ったリンゴジャム。皮のまま炊いたもので、

皮と芯にペクチンが多いらしくうまくとろっと仕上がります。

ただ、あかねには酸っぱさが負けていますが。

息子がアップルパイを作ってくれるでしょう。



[PR]
by cyanagitani | 2015-10-06 14:35 | Comments(5)



異郷の地ではぐくんだ花たちとChieko's Life
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
匂いはないみたい。リンゴ..
by cyanagitani at 05:08
ローゼルのジャム良い香り..
by hananojiyusenritu at 11:45
アブチロンですか。初めて..
by cyanagitani at 16:56
快方に向かっているとのこ..
by ランタナ at 08:55
ランタナ様 ただいまはか..
by cyanagitani at 12:12
ご生還、ご退院なさって日..
by ランタナ at 08:10
いやいや、もしかしたら死..
by cyanagitani at 10:44
あなた、もしかしたら死な..
by hananojiyusenritu at 09:32
強心臓のはずの私が、心臓..
by cyanagitani at 00:42
ペースメーカー・・・心臓..
by hananojiyusenritu at 20:02
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ローゼルの収穫
at 2017-10-04 08:15
無事に生還
at 2017-09-28 08:46
九月十二日の収穫
at 2017-09-13 23:25
ローゼル
at 2017-09-12 09:22
贅沢な話。
at 2017-09-08 08:33
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧