愛しの花たち in Canada

<   2016年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

無花果の冷凍

無花果も冷凍できるのだそうだ。

食べきれないほどの無花果をどうしたものかと考えていたら、

ジャムにしたり、冷凍もできるらしい。

それでやってみました。


a0173527_13393808.jpg

a0173527_13441575.jpg

戻してこのまま、アイスクリームのトッピングなどにできるらしい。

食べきれないほどの無花果。何とかなりそうです。




[PR]
by cyanagitani | 2016-07-30 13:46 | Comments(2)

昨日まで元気だった人がいなくなりました。

金曜日、彼女は上機嫌だった。おいしいおいしいと、千恵子さんの

料理はなんでもおいしいと言ってました。明日もまたねと・・・。

そして次の朝、彼女は旅立ってしまったようだ。

私には何が何だかわからない。彼女がどうしてこうなったのか。

土曜の朝、彼女は連絡もなく来なかった。

何人かが電話を掛けたが、だれも応答なく。

息子が彼女の息子に電話をかけて、見てあげてくださいと。

その息子が曰く、飲んだくれて寝ているのでしょうと。

その知らせがあったのは三日後、土曜日、彼女の息子が

いったらすでに亡くなったていたと。

私には何が何だか、わからない。生徒たちにも衝撃が走り、

みんなが呆然としている。

お葬式も終わったが、私たちは彼女の死顔を見ていないので、

どうしても彼女が逝ってしまったと思えない。

死と生はつながっているには違いないが、ただ悲しいとか

そんな気持ちにはなれない。どうして酒を飲みすぎたのか

あの世に行ってでも問いただしたい思いである。

すべてが書き切れていない混乱の中で。

彼女幸せな人生のしまい方であったかもしれないと、

彼女の息子と話したのであったが、鬱が強くて家では

笑わない人であったとか。私がこの三年分の彼女の写真を

集めて渡したメモリーカードを見て、あんなににこやかに

楽しそうな母を見たことはなかったといっていた。

いろいろあって、私も悩んだ時期もあったが、

早く彼女のことを忘れてしまえたらいいなあと思う。

だけど、わすれられないだろうなあ。







[PR]
by cyanagitani | 2016-07-30 13:36 | Comments(2)

無花果の収穫

いや、実は内緒だけど、昨日まで、すでに五つほど食べてます。

おいしくて我慢できなかった。笑

明日レッスンなので今日も収穫しました。15個。一つ食べて残り14個

たぶん明日のお料理に足りるでしょう。

我が家の白無花果、

a0173527_07025493.jpg


いつもの年より大きめです。写真では小さく見えますが

結構大きいです。

きりっと冷やして皮をむいき、からし酢味噌をそっとかけ、

生徒たちにお出しします。

つかの間の豊かなみずみずしい季節です。

庭には6本無花果の木があり、どうやらラクーンとの取り合い

となりそうです。でもラク男なんかには負けないわ。

大切に育ててきたのだもの。

実はすでにバックヤードの無花果かなりやられてます。

とほほのほ。




[PR]
by cyanagitani | 2016-07-22 07:06 | Comments(2)

やっと夏が来た。

快晴。夏がやっと来ました。

しばらく続いてほしい20度以上の気温。

昨年植えていたミニトマトがたくさん己生えで芽吹いたのを

育てて、何とか秋まで実らせたい。キュウリも2度目の苗。

暑いけれど暖かい。変だけれど、夏が寒いのはだめですよ。

夏の風景

a0173527_06151192.jpg

a0173527_06154438.jpg

a0173527_06161378.jpg

a0173527_06164314.jpg

a0173527_06171795.jpg

a0173527_06191715.jpg

夏よ、ありがとう。しばらく太陽をよろしくね。



[PR]
by cyanagitani | 2016-07-22 06:20 | Comments(2)

今年こそサツマイモ。

年初めから韓国サツマイモの芽出しをしていました。

そしてやっと・・・・・。小さい苗ですが、

切り取って水に差しておくと、ほれこの通り白い根が出ていますね。

どうせ気温はたいして上がらないのでバルコニーに植えました。

すべてはお試しですね。


a0173527_07422264.jpg

サツマイモや大豆、大根、カボチャは私たちにとって戦争の匂い、

貧乏の匂い。甘いとデリシャスがこんがらがった時代に育った私たちに

とっては、うんざりするような食品たちだった。

老いた今、私はその素朴なにおいに回帰し始めている。

それでサツマイモの植え付けです。秋まで大切に育てて、

芋の匂いを思い出してみよう。



エンジェルトランペット今年も咲きました。


a0173527_07434390.jpg




[PR]
by cyanagitani | 2016-07-20 07:44 | Comments(3)

冷夏のバンクーバーと紫蘇の通年栽培について

毎日、寒いです。夏なのにめったに20度上がることはありません。

雨が多いです。風もわりにあります。

トマトが赤くなりません。しし唐も花は咲けども実になりません。

ほかにももいろいろな植物の育ちが悪いです。

柚子が今頃勘違いして花を咲かせ始めました。

どうしちゃったのでしょう。

そして、まだ七月半ばなのに紫蘇も花を咲かせ始めたのです。

今年、種から育てたものもありますが、あまり大きくなりません。

去年の夏から冬越しさせた紫蘇が、かなり役立っていたのですが、

とうとう花をつけ始めました。

これは大変。ネットで調べてみました。

これは日照時間だけでなく、肥料、温度の条件が生育に良くないと

紫蘇が判断したら、花をつけ始めるとのこと。

急いで半分くらいの高さにカットして、上からプラスティックの

ドームをさしかけました。何とかまだ夏だということを

紫蘇さんに認識してもらいたいから。

一株は室内に取り込み、2つの光源から日照を補うすべを

しつらえました。できればもう一年越冬しておくれ。

冬場もおいしいお刺身やお寿司を食べさせておくれ。

紫蘇を通年出荷している農家がいるそうだ。

温室と照明。私もそれで頑張ってみようと思う。

今年は冷夏である。1日だけ30度を超える日があったけれども、

後は14・5度というところ。

樺太の真ん中くらいという緯度であれば、

これが普通なのかもしれない。

日本では人が死ぬほど暑いと言っているのに、

もう少し何とかならないものであろうか。

もともと一年草の紫蘇を多年栽培しようともくろんでいる

狡い農婦のCliffroseである。

その代わり、鮭がたくさん帰ってくるかもしれない。

海水温が低いだろうから。

そして、雨が多いから、きっとマツタケがたくさん出回るだろうなあ…。



[PR]
by cyanagitani | 2016-07-20 03:59 | Comments(2)

kijijiで知ったアンティークマーケットに行ってきました。

こちらにはkijijiという、セカンドハンドのサイトがあって、

結構、検索していろいろ買っている。その中にちよっと気になるアンティークの

お店があって、ダウンタウンのほうにでかけたついでに寄ってみた。

a0173527_16281737.jpg


インダストリアルアンティークのテイストのものが多かった。

我が家には合わないと思うが、どっしりとしたデスクやテーブル、

もしアトリエにそろえるならいいなあと思えるものがたくさんあった。


a0173527_16284466.jpg

a0173527_16290715.jpg



ただどれも重そうで、とても素人には持ち運べなさそう。

専門の運び屋さんを頼まないといけないだろうなあ。

このテーブルは天板も鋼鉄みたいだった。


a0173527_16294069.jpg

大きな体育館のようなところにあって膨大な量の家具やフェンスなど・・・。

びっくりするようなものがたくさんあった。


a0173527_16300603.jpg


で、私がほしいと思ったものは、これら。

シークレットガーデンのフェンスにどうかなと思ったのだけれど、

一つ一つがさげられないほど重くて。

しかしこのホルムには惹かれるなあ。


a0173527_16304102.jpg


どれも素敵だったが中には巨大な門扉まであった。


a0173527_16310242.jpg


a0173527_16312740.jpg

どなたかが喜びそうなテイストですね。

a0173527_16320394.jpg


シャンデリアも巨大。我が家などにつったら天井どころか

屋根がが落ちてきそう。


a0173527_16323633.jpg

古い重そうな家具ばかり。誰が買うのかなあ。


a0173527_16333946.jpg

露出間違ってハレーション起こしてますが、こんな感じ。


a0173527_16342981.jpg


何か買いたかったのだけれど手が出なかった。

いずれまた、行くことになるだろう。



[PR]
by cyanagitani | 2016-07-13 16:50 | Comments(2)

情けない日本国民の意識。一部訂正

日本における民主主義は、ヨーロッパのように民衆の力で

勝ち取ったものではなかった。敗戦後、アメリカから与えられたものであった。

自力で勝ち取ったものではないので、それがいかに重要なものか、

わかっていないのである。あれからもう71年もたつのに。

36パーセントが投票率とは。選挙権が権利であり義務であることが

分かっていないからだ。


海外向けのNHKニュースでの数字だが、どうやら

期日前投票の12.36パーセントはくわえられていなかったらしい。

よって最終的には52.36パーセントとなっている。

いくらなんでも36パーセントはないよなあ…。


運命というのは常に目の前にあるyes noの選択で決まって

いくものだそうだ。当たり前だけれど・・。

そしてこのyesは次の事態を生み出していくのであろう。

これからどのように日本が転がっていくのか、その前に天変地変が

襲ってくるのも、確実であろうに。


のうてんきな人々の多いわが祖国を思うと、情けなくって仕方がない。



[PR]
by cyanagitani | 2016-07-10 21:32 | Comments(2)

ホリホック(たちあおい)

大好きな花、ホリホック咲きました。

a0173527_01374559.jpg


a0173527_01383424.jpg

今年は淡くてきれいな色ですね。不思議なことに同じ株からなのに、

去年の色と少し違います。

a0173527_01392536.jpg


a0173527_01405693.jpg

アナベルも重いほどの花をたくさんつけています。

a0173527_01414458.jpg

今はやりのニンジン、細かく輪切りにしてスープの具材に

しようかなあ。
a0173527_01423473.jpg


再びのレッドカラント・・・・冷凍するか・・・。

もうジャムは要らないしなあ。

a0173527_01431940.jpg



[PR]
by cyanagitani | 2016-07-01 01:48 | Comments(4)



異郷の地ではぐくんだ花たちとChieko's Life
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
あとまだまだあるんだけど..
by cyanagitani at 17:39
今までにないほど大きく育..
by cyanagitani at 17:35
まるでハウス栽培農家みた..
by hananojiyusenritu at 09:17
たくさん収穫できましたね..
by hananojiyusenritu at 09:15
休暇ねえ。まあ、ワンレッ..
by cyanagitani at 01:25
素敵なところね。湖かなっ..
by hananojiyusenritu at 10:42
ここだと五百円でもほしい..
by cyanagitani at 07:26
Cま、hanaさま、おは..
by ランタナ at 08:41
あら、あなただれ、私はだ..
by cyanagitani at 11:38
くれぐれも私誰?あなた誰..
by hananojiyusenritu at 18:25
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
プレゼント二つ
at 2017-08-18 13:31
第一バルコニーの今の様子。
at 2017-08-18 13:08
SaltSpringIsla..
at 2017-08-16 08:01
hanaさん、もっと大変ですよ。
at 2017-08-08 13:23
hanaさん、たいへんですよ..
at 2017-08-06 11:58
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧