人気ブログランキング | 話題のタグを見る

愛しの花たち in Canada

冷夏

どこかの国では40度にもなろうかとのニュースなのに、

Canadaでは最近やっと25度くらい。この冬、いろんなものが

死んでしまった。大切にしていたダンチク、チェリーセイジ、

サルビアガラチニカ、昨秋20個も成らしてくれた柚子の木・・・・。

そのほかいろいろ。心も折れてしまいそう。

無花果も不作の気配。

ただカラントは豊作・・・。笑

冷夏_a0173527_09124818.jpg
冷夏_a0173527_09114586.jpg

アナベルは元気。


冷夏_a0173527_09083870.jpg

そして、ホリホック、タチアオイはとても元気。


冷夏_a0173527_09104456.jpg
冷夏_a0173527_09094164.jpg
冷夏_a0173527_09073563.jpg
冷夏_a0173527_09062834.jpg

まあ、私はたちあおいが好きだけれど・・。

淡いピンクのもある。

野菜は葉物以外は育ちが良くない。

努力しても天候には勝てない。

自然には勝てない。

悲しいなあ、

なのに戦争ばかりして。


# by cyanagitani | 2022-07-25 09:23 | Comments(1)

紫蘇の話 in CANADA

紫蘇の話 in CANADA_a0173527_11235878.jpg

今では世界中にあるソメイヨシノは、もとはといえばたった一本の桜の枝の

挿し木から始まったのだそうである。挿し木が成長して大木となり、その枝をまた

挿し木する。そうして、世界中にあるソメイヨシノは広がったのだと聞いた。

写真は、我が家の青紫蘇である。

何年か前に日本から密輸した一粒の由緒正しいちりめん青紫蘇の種から成長した

ものである。いやいや、その本体ではなくて、その末裔なのである。

この紫蘇は、成長した一粒の紫蘇の、脇芽の脇芽の脇芽の、何代目かの脇芽なの

である。一粒の種は何年前のものなのか、私は忘れた。

しかし、昨秋その脇芽をaregardenで水耕栽培し、なおかつその間も挿し木

挿し木をしつづけ、この春、めでたく第一バルコニーの土に返して再生した

ものである。

ま、要するに、我が家の紫蘇はクローンなのですな。

なぜそうなったか。理由があります。

コロナで日本からの種を持ち込めなくなって、もう三年。

westcorstseedsというcanadaの会社の紫蘇の種をまく羽目になっていた。

出てきた紫蘇は、すでに何世代も交雑したと思われるような代物だった。

茎はまるで赤紫蘇のようで、葉脈も少し赤味を帯びていた。

味は、今のところはそこそこだが、いかにも様子が貧弱だった。

これがその紫蘇の子さんである。


紫蘇の話 in CANADA_a0173527_11254060.jpg

そこで無い知恵絞りました。

有名なソメイヨシノと同じように、クローンを作りだせばよいのだと。

というわけで、今年もクローン紫蘇と仲良くやっていきたいものである。

少なくとも三年以上は前の紫蘇のクローンの写真。

紫蘇の話 in CANADA_a0173527_11494359.jpg


# by cyanagitani | 2022-06-21 11:53 | Comments(1)

蕨の街バンクーバー

バンクーバーは桜の街でもあるし、蕨の街でもあるし、こごみの街でもあるし、

ブラックベリーの街でもある。でも市の条例で、蕨や山菜は取ってはいけないと

決められている。

ブラックベリーは雑草のようなもので、実を摘む人間と熊が遭遇したことも

あるらしい。野生の鹿や熊やコヨーテの餌だから、ほかに食べ物のある人間が

取るのは許されないらしい。もし取っているところを見つかったら、500ドルの

罰金なのだ。市の条例で決まっているらしい。笑

笑い事ではないけれど、それを押して、内緒で生徒の一人が3度も蕨を摘んで、

差し入れてくれた。これが太くて柔らかな蕨だった。あく抜きしておかかをかけて

醤油をかけて、アツアツご飯でいただくと、

おいしかったーーーっ。

昔、住んでいた日本のご近所さんが、蕨は取ればとるほど生えてくるのよって

言ってたなあ。

彼女とご主人は一年中蕨取りをしていたっけ。その彼女も痴呆になってしまって、

施設暮らしだとか。

私より一つ上なだけなのに…。

蕨の街バンクーバー_a0173527_08222540.jpg
蕨の街バンクーバー_a0173527_08241231.jpg

実はこごみも、林の中や公園にはたくさんあるのだが、我が家のバックヤードに

もたくさん出てきている。

シダ類だから胞子が飛ぶのかしら。それから山に登る息子が取ってくるのは、

コシアブラ。そうそう、わが庭にはタラの芽。

山菜だけでも食べていけそうな気配…。飢饉が来ても、何とかなるかな。



# by cyanagitani | 2022-06-13 08:37 | Comments(3)

蕗ジャム

庭の西側は三坪ほどの蕗畑である。水蕗の立派なのができる。

わっさわっさ生え始めたので早めに佃煮風のものを煮ようと

沢山収穫したら、灰汁取りに炭酸入れすぎたら、柔らかくなり

すぎてしまった。これでは佃煮にはならない。

捨てるには惜しいし、ふと考えた。

蕗ジャムってないのだろうか。

ネットで調べたら、あったのですね。笑

そこで簡単に蕗ジャムの出来上がり。


蕗ジャム_a0173527_18314351.jpg
蕗ジャム_a0173527_18311376.jpg

そこそこおいしい。ヨーグルトやアイスクリームに合うかな。

失敗からできた蕗ジャム。

それからお隣から母の日の差し入れ。


蕗ジャム_a0173527_18285365.jpg
蕗ジャム_a0173527_18301065.jpg


食べたらいけないんだけど、食べました。

甘さが薄くておいしいマンゴケーキ。

隣の娘さん、ケーキ屋さんにお勤めしているんだった。

ありがたいこと。レッスン日だったので、みんなでいただきました。

夜はAmyから、大きな牡丹海老。たくさん。

写真なし。慌てて、冷凍庫の中。笑

本当に感謝です。本当に感謝の母の日でした。

# by cyanagitani | 2022-05-08 18:43 | Comments(0)

ベル・エトワール咲きました。

暗いニュースの中、ベル・エトワール咲きました。


ベル・エトワール咲きました。_a0173527_08322273.jpg



暗いトンネルの中ででの小さな明かりのような・・・・。



ベル・エトワール咲きました。_a0173527_08343120.jpg


長い間こんなに気持ちが暗くなったことは、少ないと思う。



ベル・エトワール咲きました。_a0173527_08311938.jpg

驚くべき時代錯誤の戦争や、信じられないほどのうかつな船の事故。

そして、喪われるのは、みんな罪もない尊い命。

連日、心晴れることがない。

ベル・エトワール咲きました。_a0173527_08343120.jpg
ベル・エトワール咲きました。_a0173527_08332978.jpg

ベル・エトワールのすがすがしい白に、心洗われる思いが、少しする。

スダチの花も咲きました。

ばかげた戦争なんか、早く止めて、平和な世界になりますよう。

信じてもいない神にでも祈りましょうか。





# by cyanagitani | 2022-05-03 10:03 | Comments(6)



異郷の地ではぐくんだ花たちとChieko's Life
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
立葵綺麗ですね。我が家も..
by hananojiyusenritu at 20:42
青じそ増えてよかったね。..
by hananojiyusenritu at 14:53
ワサビ
by ワサビ at 20:43
柴川林也
by 鷲尾悦也 at 20:42
はじめまして。通りすがり..
by soraironoamagaeru at 21:31
しばらくご無沙汰してると..
by cyanagitani at 09:27
私、最近山菜食べてません..
by hananojiyusenritu at 09:23
そうそう、梅花ウツギでし..
by cyanagitani at 11:25
Cしゃま、久しぶりに飛ん..
by ランタナランタナ at 08:46
小さい苗だけど買いました..
by hananojiyusenritu at 11:46
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
冷夏
at 2022-07-25 09:23
紫蘇の話 in CANADA
at 2022-06-21 11:53
蕨の街バンクーバー
at 2022-06-13 08:37
蕗ジャム
at 2022-05-08 18:43
ベル・エトワール咲きました。
at 2022-05-03 10:03
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧