愛しの花たち in Canada

スティーブストンをご紹介します。

私がカナダで和食を頻繁に作れるのはスティーブストンという港町が

あるから。昔、日本人の一世たちが鮭とりをして苦労した町。そこの港

では、今でもエビや鮭、マグロなどの魚を船売りしているのである。

私たちは甘エビなどフローズンのままたくさん買っている。言えば

フィッシャーマンズ ファーフである。漁師が客にじか売りというのは

日本では考えられないと思う。そのスティーブストンの風景をアップ

しましょう。


a0173527_12472953.jpg


a0173527_12464529.jpg


a0173527_1246148.jpg


a0173527_12452235.jpg


a0173527_12443090.jpg


たまに鰊とか、イワシの船も入ることもあるし、そうそう雲丹もとげのまま

売られていることもあります。




花・ガーデニング ブログランキングへ
[PR]
by cyanagitani | 2015-01-30 13:06 | Comments(2)
Commented by hananojiyusenritu at 2015-01-31 15:36
魚港まで魚を買いに行くのですね。すごい!
料理人の腕がなりますね。
それに大量に買っても大きな冷凍庫があるからいいですね。

Commented by cyanagitani at 2015-01-31 17:42
何しろ白人は魚がお好きじゃないらしいから、ここでは大したものは手に入りません。手を尽くして、食材を手に入れなくては。この漁港でも土日しか船は来ないのよ。甘エビなど10キロ以上買います。生きたタラや蟹エビなどはアジア系の大きなスーパーでいくらでも売ってるんだけど。長持ちのような冷凍庫が3台と立て型冷凍庫が一台。笑 災害があってもしばらくは食い繋げるかも。あ、電気が来なくなるとだめか・・・・。
<< ポメーロともろもろ ある日の晩飯。 >>



異郷の地ではぐくんだ花たちとChieko's Life
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
栗見ると買っちゃうのよね..
by cyanagitani at 00:55
渋皮煮すごい。手間とか考..
by hananojiyusenritu at 13:13
ランタナさん。もう来年は..
by cyanagitani at 12:11
ん!栗の渋皮煮。美味しそ..
by ランタナ at 17:33
ランタナはんもよほどの阿..
by cyanagitani at 01:20
ウワオ!茗荷大好き人間、..
by ランタナ at 08:51
春先に茗荷竹をたくさん収..
by cyanagitani at 01:33
すごい! どうすればこん..
by hananojiyusenritu at 21:35
「あの世なんてありません..
by ランタナ at 15:41
去年九月、手術中に一度心..
by cyanagitani at 12:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
カナダの秋
at 2018-10-17 12:27
栗と新生姜と大根と
at 2018-10-10 11:44
終わりの茗荷
at 2018-09-26 11:36
夫に会いに
at 2018-08-29 12:38
ベルエトワールを描こう
at 2018-08-28 08:38
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧