愛しの花たち in Canada

ダンチクへの思い入れ。

鯛の話は書きましたが、肝心のダンチクの

話はまだでした。

私たち和歌山県人には、慣れ寿司というソウルフードが

あるのです。ダンチク「あせ」と呼ばれる緑の長い葉っぱで

くるまれた鯖の押し寿司のことです。本慣れは酢を使わず、一か月

ほど寿司桶に重い重しを載せて発酵させたものなのですが、とにかく

何とも言えない酸っぱいチーズのような独特なにおいを醸すのです。

腐れr寿司とも呼ばれる慣れ寿司は、夫も大好きでした。私たちの

ソウルフードなのですね。

「あせ」がダンチクと呼ばれフルートのリードにもなる

植物名だと知ったのは、最近のこと、カナダに来てからでした。

何度もネットでサーチしてダンチクを見つけましたが、

ダンチク自体が雑草のようなものなので植木屋さんは

その斑入りしか売っていません。友人の助けで一度は

それを手に入れ、実際に庭に植えて、葉っぱで鯖寿司も

作ってみました。でもだめなのですね。斑入りはやはり

葉緑素が足りないのでしょう。

で、このたび正真正銘の緑のダンチク、息子が鯛と一緒に

持って帰ってくれました。親類の人が庭で掘り起こして

くれたそうです。実はこれがどんなにうれしかったか。

a0173527_13471138.jpg

日本は暖かいのですね。立派な芽が何本も出ています。やっぱり竹の種類

なのですね。タケノコみたいな芽ですもの。

ぜひカナダで根付かせたいものです。でも当分は室内ですね。

Chiekoの執念、頑張りますぞ。



by cyanagitani | 2017-01-12 13:48 | Comments(3)
Commented by hananojiyusenritu at 2017-01-12 16:23
これがダンチクなのですか。よかったね。ぜひ根付かせてソウルフーズの馴れずしを作ってください。
Commented by cyanagitani at 2017-01-12 21:45
だんだん大きくなってきたら、あなたもきっと思い出すよ。あせの葉。
Commented by hananojiyusenritu at 2017-01-13 09:34
私にはあせの記憶はないのよ。あせを見たこともお寿司を作った記憶も・・・。葦はもう少し葉が小さかったような・・・。それより私の記憶は笹です。笑
<< サンキライ、山帰来、サルトリイ... 息子が鯛をしょって日本から帰国... >>



異郷の地ではぐくんだ花たちとChieko's Life
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
水耕栽培は水だけだけど、..
by cyanagitani at 18:09
水耕栽培でも土は必要なの..
by hananojiyusenritu at 14:11
いま水耕栽培に凝ってる。..
by cyanagitani at 19:41
よよよ四十五本・・・です..
by hananojiyusenritu at 09:44
今日は立春です。暦の上で..
by hananojiyusenritu at 13:39
あはははは、ポリアンサや..
by cyanagitani at 12:00
日本の愛知。久しぶりの小..
by ランタナ at 08:15
あなたをお連れしたころよ..
by cyanagitani at 18:59
久しぶりに訪問いたしまし..
by ランタナ at 08:17
雪ばかりだと困るけど、こ..
by cyanagitani at 05:54
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧