愛しの花たち in Canada

イチゴのヘタ取り器の話。

私は、結構、お料理の下ごしらえをする便利器具が

好きである。50年以上も前、母がくれたベンリーナは

今も大切に持っているし、数も3個になり、ほかにも多少

異質のものも増えて、本当は似たような細切りのできる

器具は大小合わせて10個ほども持っている。

a0173527_07472320.jpg

今度、時を改めて、便利器具の

特集をしてみると楽しいかもしれない。


さて、今日はいちごのヘタ取りの話である。

今年に入ってから、のり子さんがいちごのヘタ取りを

くださった。どなたかお知り合いが開発したものだとか。

実は私はすでにそれに似たものを持っていたし、そのときは

あまり興味を示さなかった。

私が持っていたものはこれである。

a0173527_07491121.jpg
まあ、悪くはないが、そこそこへたはとれる。


ところで、のり子さんがくれたのはこれ。



a0173527_07541810.jpg

イチゴのヘタはめったに取らないのだが、実は玉ねぎは

1週間に20個くらいは平均して、皮をむく。

すき焼だったり、サラダに使ったり、シチューやカレーなど、

玉ねぎなしでは私の料理人生は語れないほどである。

皮をむいた玉ねぎが、常に冷蔵庫の野菜籠に入っていれば、

どんなお料理もたちどころに大量に調理することができる。


やがて、私は、のり子さんのいちごのヘタ取りは、

イチゴより玉ねぎの根っこ取りに非常に有用であることに

気が付くのである。必要最低限のヘタを簡単に力を

入れることもなく取ることができ、お尻から皮をむくのに

スムースなのである。

a0173527_18384685.jpg
a0173527_18364918.jpg

ほらこのとおり・・・・・

a0173527_08025230.jpg


皮の剥かれた玉ねぎを眺めて、オムレツにしようか、

すき焼にしようか、スープは? サラダは?などと、

思いを巡らせることができる。


さて、この話を書き始めたのは、私も痴呆の始まりじゃないかと、

恐れた事態起こったからである。

のり子さんは最初、一つだけ、イチゴのヘタ取りをくれたのであった。

そのあまりの有能さに驚いて、のり子さんにもう一つと、私は

ねだってしまったのだ。

人の好いのり子さんはあまり自分は使わないからと、

私にエキストラまで入れて、二本もくださったのだった。


私は生徒たちにも見せびらかしたりして、有頂天になっていったのです。

中にはほしいという人もいて、のり子さんも途方にくたことだろう。

しかし、私はその段階で、三本のヘタ取りをわがものにしていたのです。

二本は常に使えるようにし、一本は戸棚に隠しておきました。


不思議なもので、強欲な人間の考えることはちがいますな。

とうとう、私は考えたのです。

このヘタ取り、なくしたらどうしよう。

何とかヘタ取りをなくさないようにする方法はないものか。

そこで私はヘタ取りを大切に隠したのです。どこかへ。笑

そして、強欲婆はその隠し場所を、、、、、、、

忘れてしまったのであります。

あああああああああああ・・・・・・・・・

私のヘタ取り。

どこに隠れたの。もう何週間も探し続けているのに、

見つからない。

息子は間違って捨てたのではというけれど、それはない。

絶対にない。あるはずがない。

私は朝な夕なのり子さんのヘタ取りを探して、アチコチと引き出しを

整理しまくるのでした。

これって・・・・・。

そして、私は気づく、これって、ただの老人ボケじゃないだろうかと。

、、、、、、、、

・・・・・・・・・・

私のたった一つ残ったヘタ取りを撫でたりさすったりしつつ、

いなくなってしまった二個のヘタ取りを恨めし気に思い出しているのでした。

きっとどこからか出てくるものと、今も信じてはいるのですが。








[PR]
by cyanagitani | 2017-12-20 08:47 | Comments(4)
Commented by ランタナ at 2017-12-22 08:04 x
読んで笑っちゃいました。もう性格そのまんま!そ~んなこと、ずっと若い私(?)でもよう、ありますことよ。
‥‥‥って慰めにならない?

諦めのいいランタナ、放念してかなりたって、何かの拍子に見つけ。
「あら!」 何で私はこれをここに?というところにあるのですよ。

書斎、パソコンそばの引き出し、とか?
Commented by cyanagitani at 2017-12-22 13:55
ランタナ様 気持ちわるーーーいんですよ。性格しつこいので毎日探しまくり。きっと思いもかけないところから出てくるんでしょうねえ。なんでも隠しちゃだめですね。笑
Commented by hananojiyusenritu at 2017-12-25 16:48
苺のヘタ取りですか。この年まで知らなかったわ。人生うん十年生きても知らないことが多いものですね。それにしてもヘタ取り3個あったことは覚えているんですよね。だったら大丈夫よ。たぶん、きっと・・・。笑 来年にでも出てくるわよ。
Commented by cyanagitani at 2017-12-26 12:57
まだまだ探してるんだけど、出てこないなあ。不思議でしょうがない。なんでどこに隠したのだろう。隠したのは覚えてるのよね。ふふっふっふ・・・・・。
<< 黒豆炊きました。餅つきました。 人生の大先輩の訪問 >>



異郷の地ではぐくんだ花たちとChieko's Life
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
栗見ると買っちゃうのよね..
by cyanagitani at 00:55
渋皮煮すごい。手間とか考..
by hananojiyusenritu at 13:13
ランタナさん。もう来年は..
by cyanagitani at 12:11
ん!栗の渋皮煮。美味しそ..
by ランタナ at 17:33
ランタナはんもよほどの阿..
by cyanagitani at 01:20
ウワオ!茗荷大好き人間、..
by ランタナ at 08:51
春先に茗荷竹をたくさん収..
by cyanagitani at 01:33
すごい! どうすればこん..
by hananojiyusenritu at 21:35
「あの世なんてありません..
by ランタナ at 15:41
去年九月、手術中に一度心..
by cyanagitani at 12:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
カナダの秋
at 2018-10-17 12:27
栗と新生姜と大根と
at 2018-10-10 11:44
終わりの茗荷
at 2018-09-26 11:36
夫に会いに
at 2018-08-29 12:38
ベルエトワールを描こう
at 2018-08-28 08:38
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧