愛しの花たち in Canada

夫に会いに

もう、先週になってしまったが、8月20日の月曜日。

息子と二人で、21年め、夫に会いにMt.Bakerへ行ってきました。

山火事がたくさんあって、すごい煙。

煙っていて、マウント・シュクサンもマウント・ベーカーも

はっきりとは見えない。昨年もここまでだったかなあ。



a0173527_12223505.jpg
a0173527_12212368.jpg
何も見えなくて仕方ないので、

高山植物を映しておきました。

a0173527_12235583.jpg
a0173527_12252798.jpg
a0173527_12264576.jpg
a0173527_12280522.jpg
これはナナカマドですね。まだ青い。

我が家の庭のでも赤くなっているのにどうしたのだろう。

お父さんの湖までかろうじて、這いずって上がりました。

a0173527_12292603.jpg
a0173527_12310475.jpg
にわのバラをそっと手向けてきました。

まだ入山禁止にならなかっただけでもましか・・・。

夫が逝って21年。早いものだなあ。

20回目のマウント・ベーカーでした。

by cyanagitani | 2018-08-29 12:38 | Comments(5)
Commented by hananojiyusenritu at 2018-08-29 20:24
もう21年ですか。早いですね。その分この世に残っている私たちは年を取ったってことですね~
Commented by cyanagitani at 2018-08-30 04:38
ほんと、年取りましたね。21年も生きるなんて、思ってもみませんでした。まだ生きそうでこわい・・。
Commented by ランタナ at 2018-08-30 08:26 x
「マウントべーカーに」の名前は覚えていました。
あそこから笑んで見守ってくれていますって。
見えなくたって、そ~っと寄り添ってそばにいる、
って何だかね。そう思えるの。この頃。

Commented by cyanagitani at 2018-08-30 12:43
去年九月、手術中に一度心臓止まった時、記憶一切ないのね。その後部分麻酔で覚醒した時、いきていることを確認。によって私は死とは無であることを実感しました。笑 まあ、夫が見守っていると思いたいけれど、実はそれは生きている側の勝手な思い込みだなあと。そう思って生きているものは心安らかになれればなあと。しかし、死とは無なのだと、あの時私、確信しましたっけ。ランタナはん、あの世なんてありませんぜ。笑 無があるのみ。
Commented by ランタナ at 2018-08-31 15:41 x
「あの世なんてありませんぜ」のお言葉実感として。
広い湖とてないこちら、我々、樹木葬が希望にて。

見守って‥‥‥は「きれいごとよなぁ」とも。
無常が世の常。あの世なんてない。「無」は実に
あっさりと納得できまする。
105歳の篠田桃紅さんのさんの本読みながら
シミジミ。ん~、と。何書いてんのやろか?

ちょい、コメントにお返事書きたくて。
<< 終わりの茗荷 ベルエトワールを描こう >>



異郷の地ではぐくんだ花たちとChieko's Life
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
雪ばかりだと困るけど、こ..
by cyanagitani at 05:54
そうそう、行きましたよね..
by cyanagitani at 05:53
こちらも雪らしい雪もふら..
by hananojiyusenritu at 20:44
アンティーク買いは途切れ..
by hananojiyusenritu at 20:40
ランタナ様。彼はどうやら..
by cyanagitani at 13:19
ほ!素敵なカナダ式七草が..
by ランタナ at 07:10
そんなに忙しかったのね。..
by cyanagitani at 04:45
今年はお節の写真も雑煮の..
by hananojiyusenritu at 20:23
hanaさん、まだ忙しい..
by cyanagitani at 09:23
これで今年の義務は終了。..
by cyanagitani at 09:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧