人気ブログランキング |

愛しの花たち in Canada

CLiffrose Letter Vol 91 2020 Jun.1 サピエンス全史を読んで

CLiffrose Letter Vol 91 2020 Jun.1

サピエンス全史を読んで

今年もお正月がやってまいりました。

皆様お元気でお過ごしでしょうか。

19985月に移住して以来、今年で217か月の月日を

このカナダコキットラムの地で過ごしてまいりました。

移住初期の心細い状態を思い出すとき、今もまだ死なずに

生かされている事実が、不思議でなりません。

相変わらずパソコンアディクトの私なのですが、今年は

目からうろこなるものに出会いました。自らの老化した脳みそと

格闘しつつ、数か月かかって驚きつつ読み終えたのでした。

それは「サピエンス全史上下」「ホモ・デウス上下」 

ユヴァル・ノア・ハラリ著です。世界的なベストセラーですから

ご存知の方も多いことでしょう。

彼の言う歴史は、私たちが子供のころ習った歴史とは違ったものでした。

それは私たちがホモサピエンスであるという現実と、サピエンス以外

5種類の人類、または多くの生物を駆逐しつつ生き続けてきた動物

であることをつまびらかにするものでした。

本の内容は、また皆様が読まれるでしょうが、私が一番衝撃を受けたのは、

社会のルールのすべては虚構に過ぎないと断言されていることでした。

宗教も国家も様々な義務も個人の基本的権利でさえ、そして、その他

ありとある社会的なルールは、人類が都合上、構築した手前勝手な虚構に

過ぎないというものでした。

幼い時からずっと、なぜ日本には天皇制があるのか、なぜ信じてもいないのに

人は死ぬと仏になるのか、なぜ国民を守りもしないのに国家があるのか、

なぜ戦争があるのか、不思議に思ってきました。

それこそこの本に出合って初めて、氷解した謎でした。

1997年、夫がこの世を去るとき、私は日本では常識的な坊主の読経なしで、

ショパンのノクターンで彼の旅立ちを見送ったのでした。このことはのちに

彼の所属していた弁護士会で、なんて女を妻にしていたんだと噂になった

そうですが。

正直、信じてもいない仏になぜ死んだらなるのか私にはわかりませんでした。

今、自らの立ち位置が間違っていなかったと、この本を読んで確信すること

ができます。

サピエンス全史の続きに「ホモ・デウス上下」があります。これは難解では

あるけれど、とても面白いものでした。人類のこれからはどうなるか。

これから産まれ出ずる子供たちの未来はどうなるか、ハラリ氏は推し量ること

さえできないといっています。

かつて飢餓と疫病と戦争に悩まされてきた人類は、未来では不死と至福と

神のような力の獲得を目指すようになるといっています。近未来、いずれ

AIが進歩し人類にとって代わるときが来れば、大多数の人は存在価値を失い

無用者階級になり一握りのエリート層に支配されるだろうと。

そして、ハラリ氏は言うのである。かつてサピエンス以外の動物を凌駕

してきた事実を思い起こし、改めて自らが動物であることを思い出すこと

から始めなければならないと。そうでないとサピエンスに未来はないと

彼は言っているのです。

私たちは決して、地球上で特別に選ばれた動物ではない、すなわち、

デウスでも何でもないことを認識しなければならないと。

ハラリ氏はサピエンスの未来を悲観してはいないとは言っているが、

私には、気づくには少し遅すぎた感があると思います。サピエンスが

いずれデウスになるのは留められないでしょう。そしていずれ破滅する

こともとめられない。それはサピエンスもただの動物だからです。

サピエンスの未来は明るくないのです。

もし許されるなら、もうしばらく生命を維持して、あと10年サピエンスの

未来を見届けたいものです。本屋の回し者ではありませんが、ぜひ

サピエンス全史お読みくださいませ。

正月早々、小理屈をこねてしまいました。お許しくださいませ。今年こそは

災害のない年でありますよう願っています。

なお、ここまでお読みくださった方にお礼を申し上げます。



CLiffrose Letter Vol 91 2020 Jun.1 サピエンス全史を読んで_a0173527_17132067.jpg



写真は生徒たちに最近差し上げた手作りの箱寿司型です。27個ほど

作りました。ネイルガンでの打ちっぱなしですが、用は足りるようです。笑



柳谷Chieko

Love from Greater Vancouver

cyanagitani@telus.net

cyanagitani@hotmail.com

http://www.cyanagitani.com

http://www.cyanagitani.com/B&BCliffrosetop.htm

http://cyanagitan.exblog.jp/

skype cyanagitani

mixi cliffrose


by cyanagitani | 2020-01-01 17:14 | Comments(2)
Commented by hananojiyusenritu at 2020-01-04 09:40
明けましておめでとうございます。
今年もよろしゅうに!
サピエンス全史、ホモゼウス完読 素晴らしいです。
人類はどこに行くのか、結末は残念ながら読み通すことのできないストーリーですが、
過程のあれやこれやをお互いたのしみましょう。
Commented by cyanagitani at 2020-01-08 04:13
年初めからきな臭いけれど、平和で何もない年でってほしいねえ。今年もよろしくね。頑張って生きていましょう。
<< 新年会を兼ねたレッスン日金曜土曜 鬼の誕生日 >>



異郷の地ではぐくんだ花たちとChieko's Life
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
あなた、日本にいるときよ..
by hananojiyusenritu at 11:27
そのうえ、柚子大根に、し..
by cyanagitani at 07:08
いまね、味噌作っています..
by cyanagitani at 07:07
キムチたくさん作りました..
by hananojiyusenritu at 14:29
乗っているのは神宗の昆布..
by cyanagitani at 17:50
七草集めましたね。 ひと..
by hananojiyusenritu at 22:55
いつもは作らないのですが..
by cyanagitani at 08:06
年初めからきな臭いけれど..
by cyanagitani at 04:13
おいしそうですこと! お..
by hananojiyusenritu at 13:23
明けましておめでとうござ..
by hananojiyusenritu at 09:40
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
七草粥以来の記録
at 2020-01-19 14:08
七草粥
at 2020-01-08 12:53
新年会を兼ねたレッスン日金曜土曜
at 2020-01-06 13:34
CLiffrose Lett..
at 2020-01-01 17:14
鬼の誕生日
at 2019-12-03 12:01
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧