愛しの花たち in Canada

カテゴリ:未分類( 525 )

なぜか、いまごろ、クリスマスローズ

雪も降らず、そんなに雨も降らず、

いつもより暖かく、ここでは四月にしか咲かないはずの

クリスマスローズが、わが庭で、咲いてました。



a0173527_12361925.jpg


かわいいんだけれど、

今年は何もかもがおかしい。



by cyanagitani | 2019-01-17 12:37 | Comments(2)

フォート・ラングレーにアンティークのものを漁りに

青山ご夫妻のご厚意で、クロバデルのフリーマーケットと

フォートラングレーへ連れて行ってもらいました。

久しぶりの探訪でした。

クロバデルでの収穫。

かわいいので買いました。14ドル。


a0173527_12331782.jpg


こんなのも見つけました。飛騨春慶の茶たく。

外の箱を見ても、日本人でないと中身はわからないですよね。



a0173527_12304991.jpg

綺麗な塗りの正真正銘の飛騨春慶の茶たく。未使用です。10ドル。

移住するとき、大切に日本から持ってきたものでしょう。使われもせずに

売られてしまって、今私の手元に来たのですね。歴史を感じます。


a0173527_12314219.jpg

買い物のとき皮のバッグは実用的ではありません。

新しいリュック買いました。20ドル、スイス製

でも使ってみないとわからない。バッグって遣い勝手が

それぞれで、案外難しいですよね。

私のようなものは軽いのが一番、そして、たくさん物が入るもの。笑



a0173527_12300528.jpg

本立て。どこのかな。

インドかな。きれいな彫刻なので買いました。10ドル?

早速使いました。すこし伸び縮みするのです。


a0173527_12292098.jpg



そして、ただいま凝っているキャストアイアン。

まともに買えば高価なものです。でも古いからといって

使用に問題はありません。




a0173527_12323484.jpg


フォートラングレーは、数年前から随分変わりました。

昔の片田舎風ではなくなり、観光客も大勢訪れていました。

ちょっとがっかりですね。


a0173527_12344823.jpg

少し昔の面影が残っているところ。絵になりにくくなっています。


a0173527_12340042.jpg


のり子さんと一緒の珍しい1日でした。

とても楽しかったです。青山ご夫妻に感謝!




by cyanagitani | 2019-01-16 12:56 | Comments(2)

あけましておめでとうございます。

おめでとうございます。

この年になると何がめでたいのやらわからないですが、

新しい年は、なるべく平穏でいてほしいと思うばかり。

貧しいカナダのお屠蘇です。


a0173527_08155114.jpg
a0173527_08145275.jpg


そして、七日、今日の七草粥。

寒冷地ゆえ、この程度の青物がわが庭から採取できることを、

喜ばないといけませんね。

高菜、三つ葉、子蕪、大根、葱、水菜、丘海苔 日本の七草とは

似ても似つかぬカナダの七草。笑 

なんでもよろしい青ければ・・・。


a0173527_08112160.jpg

a0173527_08120206.jpg


数日前、豚ばらを引いて、ソーセージを作りましたぞ。



a0173527_08134867.jpg

風乾の後、ただいま燻製中。
a0173527_08130199.jpg

さて、でき映えはいかがでしょうか。

数日後ですな。

相変わらず、今年も食い意地が張っている日々であるらし。


by cyanagitani | 2019-01-08 08:25 | Comments(4)

今年最後の生徒めし。

2018年の最後の金曜レッスンランチ、

生モノ食べられない人が二人ほどいるので、

卵と肉のお寿司を作りました。



a0173527_16483863.jpg




a0173527_16475140.jpg
a0173527_16470821.jpg

土曜のレッスンランチ。似ているけれど少し違います。

a0173527_16402986.jpg
a0173527_16413018.jpg



a0173527_16383931.jpg




a0173527_16393760.jpg




a0173527_16402986.jpg

私のサポーターの生徒たち。ありがとうございました。

来年もよろしくね。





by cyanagitani | 2018-12-31 16:57 | Comments(3)

CliffroseLetterVol 96 2019    見果てぬ夢 


CliffroseLetter2019    見果てぬ夢 



最近の私の道楽は、youtube三昧である。

だんだん眼が悪くなってきていて、悲しいことに細かい文章を

画面で読むのは難しくなっている。

しかし、文字がなければ画面を見続けるのは動作もない。

レシーバーで、早口の英語を聞きながらわかったような気になって、

まるで自分がYouTuber本人になったような気になってしまう。

中でも私のフェイバリットは、オンタリオ近辺に住み、広大な山林を買い、

その森の中でオフグリッドの小屋の建設をしている中年?老年?の

カナディアンの発信するものである。

彼の名前はShawnJamesといい、今の私のお気に入りである。

彼は周りの樅木やメイプルの木を伐りだし、皮をむき、ログハウスを

作っている。その一部始終をビテオにして、配信しているのだ。

狩猟をしたり、釣りをしたり、氷上にテントを張ってキャンプをしたり、

カヌーを使って川下りをしたり。それを彼の愛犬Caliと一緒にしている。

この広大なカナダだからこそできることだが、Shawnのライフは芸術的で、

目を見張るものがある。彼が何気に使っているキャストアイアンという重い

鉄の鍋も、すぐ感化されやすい私のお気に入りでもある。

昔、日本で使っていた羽釜のように、重いキャストアイアンで焼く肉は

おいしい。Shawnのようにブールを焼いてみたが、これもとても

おいしく焼けるのである。

ShawnJamesとはかなり違うが、日本でも働きアリのような生活を嫌って、

おおくの若者たちが、小屋を建てて住む時代が来ている。規模は小さいが、

かなりの若者が森林を買い、自力で小屋を建て、オフグリットで、水、電気、

ガスを自力で賄う生活をしているのだ。

最近マスコミにもてはやされているようだから皆様もご存知かもしれない。。

彼らの発信しているブログやYoutubeを見ていると、質素でも効率的で、

豊穣の海でおぼれそうになっている借金まみれの大人たちへの警鐘の

意味合いが感じられる。

実は私も木工が好きで、日本でも20年。カナダでも約20年、プロ並みの機械を

所持している。もう少し若ければ、彼らの真似をして私も小屋を建ててみたい

のだが、この視力、体力では致し方なく、垂涎の思いである。

この年でまだ何とかできるのはお料理くらいか…。2019年は、引き続き、

私の没後お世話になった病院に、もらってもらえるかどうかわからない

拙い絵を描き貯めていくことにしよう。

これも見果てぬ夢かもしれないが、まだまだ生きている間は夢を見続けて

いきたいものです。

無駄話はこれくらいにして、

さて、あとになりましたが皆様にはお元気でいらっしゃいますか。

まれに風の便りで、先に逝かれた懐かしい方のお名前をお聞きしますが、

何しろ遠方ゆえ、失礼を重ねています。お許しくださいませ。残る桜も、

間もなく散りゆく桜となるでしょう。

とかいいつつ、膝の手術跡も癒え、ペースメーカーも無事に作動して

いるようで、まだまだ図々しく生きそうではありますが。

貪欲なバグのように夢を食べながら今年も生きたいと願っています。

2019年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

Cliffrose亭 亭主 柳谷Chieko拝



ShawnJamesのURL    My Self Reliance
https://www.youtube.com/shawnjamesmyselfreliance?fbclid=IwAR1w
45lVmalBNKGdVJdaKSpj66lfQZuzonSWn8SW0-Spf7uiIsJ1O7QiwMw



My name is Shawn James and I am a Canadian outdoorsman,
photographer, self-reliance educator, blogger and freelance writer
for Ontario Tourism and outdoor magazines. In 2017 I began building
a log cabin in the Canadian woods without power tools and I
documented my journey on Youtube. Below are some of my videos.












by cyanagitani | 2018-12-31 14:51 | Comments(2)

ChuehLingLingさんのこと

リンリンさんに出会ったのは、生徒の台湾ニーズのWendyがお客様として

我が家にお連れくださったからである。たったの三日だけの出会いだったが、

私にとっては衝撃的な出会いでもありました。。

彼女の姓のChuehという漢字をどうしてもこのパソコンで表すことができない。

なぜかコピーもできない。ファーストネームは LingLingは、玲玲?と

素敵な音である。

名前も素敵なのだが、その知性と感性が豊で、驚くほどであった。

彼女のことを説明するのに、私の知識は豊富でないかもしれない。

間違ってしまいそうで怖いのである。

彼女は台湾の人である。

彼女は台湾で生まれ、台湾の大学を出て、国費で九州大学で六年も学び

再び台湾大学で教鞭をとっているらしいのである。

そして、彼女は同じように九大で学んでいた医師である夫とともに、

日本の壱岐の島に住んでいる。


a0173527_20502131.jpg


ああああああ、ややこしい。とにかく彼女はすごい人なのである。

メジャーもどうやら獣医でもあり生命科学の研究者でもあり、

陶芸家でもあり・・・・・。そして、ベジタリアンなのである。

彼女が我が家に滞在の間、私たちはとても濃密な時間を

過ごしたのである。それはまるでB&Bのお客様ではない、私自身の

お客様のように。絵について、文化について、歴史について。

そして、どうやら私はこのインドカレー用の器についてまで

おしゃべりしていたようである。

ああ、なんということ、彼女からこんな高価な贈り物か゛先日届いた。

それはローレンに連れて行ってもらって買ったサイズではなく、

本当に私の欲しいサイズの物、しかも12個も・・・・・だった。


a0173527_14101100.jpg


a0173527_14062834.jpg

どんなにうれしかったでしょう。息子と二人、どんなに驚いたでしょう。

しかも日本から送ってくださったのです。高い送料まで負担してくださって。

それで、思い切って、早速使ってみました。

いかがです。野菜とシーフード入りのカレーが入っています。



a0173527_16060521.jpg


本当にうれしかったです。生徒たちも喜んでくれました。

この後のクラスではグラタンも作ってみました。

それもとてもよかった。パエリアもいいでしょうね。

これは彼女から送られてきた絵です。帰国してから書かれたらしい。

書いたことはないと言われていたけれど、とてもうまいです。

きっとこれから、素晴らしい作品を仕上げていかれると思います。




a0173527_16513893.jpg
リンリンさん本当にありがとうございました。

あれから、今までは知らなかった壱岐の島のことをいろいろ知りました。

元寇の役のときの中継地点になったとか、島の風景とか。

そこの病院にお勤めされている彼女のご主人まで想像できて、

本当に楽しい思いをしました。素敵な島の風景、TVでもみました。

日本のこと、私は何も知らないなあと反省したのでした。





by cyanagitani | 2018-12-24 20:08 | Comments(3)

鯖寿司とアトリエのお掃除

小峰さんから、ノールウエイ産の鯖を一箱買いました。

珍しく大きくて、おいしそうだったので、ダンチクをまいて

久しぶりにあせ寿司を作りましたよ。

でも写真撮り忘れた…。年だねえ。

でもまだ二度くらい作れるダンチクの葉っぱはあります。

アトリエお掃除した時、なれ寿司用の箱だけは映っているなあ。笑

一年に一度か二度の大掃除をしました。

before


a0173527_14493472.jpg
a0173527_14502548.jpg

after


a0173527_14530192.jpg
a0173527_14521268.jpg
a0173527_14512616.jpg

石の乗った箱みえますね。それがなれ寿司の箱。笑

しかし、油絵の具の汚れはすごいです。床にべっとり。

完ぺきではないが、かなりきれいになりました。

息子と二人で、二日もかかりましたよ。


こんなわけのわからない絵のグループを主宰して21年にもなる。

われながら驚いてしまいます。

それからこのサンルームで収穫した8個の柚子。

執念の末ですね。カナダで柚子をならせた人は

私くらいじゃないだろか。笑



a0173527_14544134.jpg
a0173527_14540070.jpg


ダンチクを育て、柚子を収穫するのが私の理想の暮らし。

来年はその上にまだスダチと橙の収穫をしてみたい。

そうそう、それから来年こそはカナダ産のお茶を摘んで

母が畑の畦に生えていたお茶を摘んでいたように、

私も自家製カナダ産のお茶を作るのだあ。

夢はまだまだ枯野を駆け巡っているのです。

そして、おまけ、ある日の生徒ご飯風景


a0173527_14483114.jpg
a0173527_14471470.jpg

故郷を離れて、異郷の地で、ここまでできるのは

本当にありがたいことだと思わずにはいられない。

来年も見果てぬ夢に向かって、頑張ろう。




by cyanagitani | 2018-12-24 15:04 | Comments(2)

ひきこもり、スカイトレインに乗る。

自慢じゃないが、私は引きこもりである。

外に出て歩くのも好きではないし、日系社会にもなるべく

近づかないようにしている。容易に通じる日本語でしゃべる仲間は

できるだけ増やしたくないのである。

もうずっと、このコキットラムの田舎に引きこもっていたいのである。

この町は私にあっていて、目立たないし、異国の友人ばかりで、

ちょうどよいスタンスのコミュニケーションの具合なのである。

ところがこのド田舎にも、二年ほど前、我が家の近くまでスカイトレインという

モノレールのような電車がやってきた。勿論、私はまだ乗ったことはなかった。

昔、メインストリートに行ってみたいと、私が言ったことがあったのを

生徒のローレンが覚えていたらしい。

インド系のお店やアンティークのお店に連れて行ってあげると誘惑されて、

引きこもりはとうとう、意を決して初めてのスカイトレインに

乗車したのであった。笑

結論から言うと、これが素晴らしかった。上から眺める

コキットラム、バーナビーの街並みが素晴らしかった。

なんでもない平凡な街なのに、上から見下ろすだけで素晴らしかったのである。

a0173527_12274328.jpg
a0173527_12285229.jpg

ババカート持参ですぞ。ババカートは最強の味方。どんな重いものも運べる。

a0173527_12300966.jpg
林や森ばかりの田舎町なのだが、私はこの町が好きだ。

それでも最近はハイライズのコンドがたくさん立ってきて、

まるで田舎のニューヨークか。笑


a0173527_13163920.jpg
a0173527_13173921.jpg
この電車には運転手がいないのである。勿論車掌もいない。

a0173527_13183919.jpg
バーナビー

a0173527_13194330.jpg

ローレンとスーザン。


a0173527_13204893.jpg

a0173527_13230510.jpg


インドのお店で、カレー粉とインド綿のワンピース買いました。

まるで藍染めみたいな。そういえば、藍染めはインジゴとも言われるね。

そして、かねてより欲しかったカレーを入れる

特別な銅の器、13ドルほど、10個買いました。

a0173527_13240541.jpg
a0173527_13250283.jpg

そして、たまたま見つけたキッチン用品のお店でキャストアイアンを。

アメリカ製です。重いです。蓋はフライパンでもあります。

a0173527_13215746.jpg


今、はまっている、カナダはオタワのショーン・ジェイムスの

ログハウスで使われているキャストアイアン。LOGDE、89ドルだった。

私もあんな大胆なお料理してみたい。

ずっと探していたので、見つかってうれしかった。

ローレンには本当にお世話になりました。帰りは自宅まで送ってくださったのです。

本当に、本当にありがとう。

おかげで、引きこもりの楽しい1日になりました。






by cyanagitani | 2018-12-06 13:50 | Comments(6)

しばらく更新しないと・・・・

しばらく更新しないと、生きているのか疑われる年ごろとなった。笑

まだまだ図太く生きてまっせ・・・・。はい。

更新する暇がないほど忙しかったのと(嘘)、ネタがなかったのでありんす。

今日は夢の話をしよう。

だいたい私は、寝ても夢を見ない人だったのであるが、

最近、よく夢を見るようになった。

それが昼間見たネットのニュースネタが多いようで、

なんともいただけない。

何人も子殺しをして、取っつかまりそうになったとか、

交通事故で人を曳き殺したとか。

尿意をもようしているのに、どこのトイレも汚物がいっぱいで入れないとか。

変な夢ばかり。いやいやこんな夢などごめんだ。

夢など見ないほうがよかった。寝起きが良くない。

おかしいなあ。ペースメーカーを入れてから、こんな夢を見るようになった。

ペースメーカーのせいかもしれない。

さて、今日スカイプで、友人の花の花子が、私より若くて元気だった友人の

訃報を知らせてきた。思いもかけない知らせに、信じられなかった。

そして、当たり前のように私は思った。

人はみんな死ぬのよねえ。

みんな必ず死ぬのよねえ。

夫もそういえばとっくに逝ってしまったじゃないか。

ならばと、私は決心した。

この間壊れたマッサージチェアー、

やっぱり買いなおそう!!!!!

ってね。



by cyanagitani | 2018-11-21 10:55 | Comments(6)

カナダで鱧の骨切。

チャイニーズ系のスーパーで、冷凍の鱧見つけましたよ。


a0173527_07003254.jpg

初めは本当に鱧なのか、ビビりましたが、

食べてみて、間違いなく鱧だと確信しました。

値段は日本に比べてとてもお安いのは骨切が大変だからでしょう。



a0173527_07014747.jpg

だいたい、とても大きいです。日本の鱧は

細くて華奢ですよね。骨切も簡単かも。

苦労して骨切しました。


a0173527_07030987.jpg


明日は鱧のムニエルです。これがおいしいのです。



a0173527_10595811.jpg


甘辛いたれを絡めます。

明日はもう、金曜レッスン日、

一週間ってなんて早いのでしょう。

後、骨せんべいができるとか。

やってみましょう。

料理三昧のCliffroseでした。





by cyanagitani | 2018-10-26 07:09 | Comments(3)



異郷の地ではぐくんだ花たちとChieko's Life
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
雪ばかりだと困るけど、こ..
by cyanagitani at 05:54
そうそう、行きましたよね..
by cyanagitani at 05:53
こちらも雪らしい雪もふら..
by hananojiyusenritu at 20:44
アンティーク買いは途切れ..
by hananojiyusenritu at 20:40
ランタナ様。彼はどうやら..
by cyanagitani at 13:19
ほ!素敵なカナダ式七草が..
by ランタナ at 07:10
そんなに忙しかったのね。..
by cyanagitani at 04:45
今年はお節の写真も雑煮の..
by hananojiyusenritu at 20:23
hanaさん、まだ忙しい..
by cyanagitani at 09:23
これで今年の義務は終了。..
by cyanagitani at 09:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧