愛しの花たち in Canada

バンクーバーは桜の街

もう、誰も、人類の終わりのときがいつと言う事はできない。

明日終わってもおかしくないほどの、おろかな事を、人類は

重ねてきた。

明日は知らない。でも今日の桜と、今日の芽吹きを、

私は知っている。

山にはまだ雪。野菜の小さな芽も、パソコンのそばか、

パティオカバーの 下でも手厚く庇護が必要なので

あるが・・・。


a0173527_1304332.jpg


a0173527_1313296.jpg


a0173527_1334763.jpg

[PR]
# by cyanagitani | 2011-04-11 13:04 | Comments(0)

キムチ作りました。

クリックよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ


コリアンの生徒たちにそそのかされて、またキムチ作りました。

彼らは私の 作ったキムチを、コリアンのよりおいしいという

のですよ。彼らが帰国したときのお土産は、コリアン生まれ

のコチュカル。 白菜を一ケース買いました。青葱十把、生姜、

にんにくミンチにして。 アミの塩辛、魚醤、大根の千切り

たくさん使います。


a0173527_13241335.jpg


a0173527_1323068.jpg


a0173527_1324548.jpg


a0173527_13254138.jpg


a0173527_13261819.jpg


a0173527_13265764.jpg



塩漬けの白菜の塩を流してから、コチュカルを

練ったものをはさんで つけるのですが、写真を

撮り忘れました。残念。

写真のの大根が煮てもおろしてもおいしい韓国

大根です。 カナダは青葱と大根、豆腐がおいしい

のですよ。 キムチは二日ほど室温において、後は

冷蔵庫に入れます。

新しいものはサラダのように、古くなると炒め物や

なべに入れます。発酵食品なんだそうですね。
[PR]
# by cyanagitani | 2011-02-25 13:30 | Comments(0)

新しい野菜畑

ノースバンクーバーの市長さんが、各戸のバックヤードに

野菜畑を作るよう推奨していると聞いた。それで我が家も、

小さなベランダ園芸だけではなく 小さな畑を作ることにした。

プロのガーデナーに、秋にお願いしたのに お金にならない

のか、来てくれない。仕方がないので、息子の力を借りて、

土を運び古い材木を囲いにして、小さな野菜畑が二つできた。


a0173527_8104595.jpg


a0173527_81202.jpg


a0173527_8151376.jpg


a0173527_8165443.jpg


a0173527_8133285.jpg



土が足りないのでまだ完成とまでは行かないが、春に

向かって、さまざまの希望がわいてきた。えんどう豆、

三度豆、花豆、ジャガイモ、 トマト、きゅうり、生姜、

楽しみだなあ。

事情があって、今年予定していたフランス行きは

取りやめになったので、 これからはガーデニングに

没頭できそうである。 でもこれはロートルの私では

なく、息子のおかげなので、自慢には なりませんね。
[PR]
# by cyanagitani | 2011-02-24 08:21 | ガーデニング | Comments(0)

もうすぐ春

クリックよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ


春はもうすぐです。春を思い出して、去年の花をアップして

みます。

a0173527_13555426.jpg


a0173527_13563067.jpg


a0173527_1357065.jpg


a0173527_13574144.jpg


今年は思いのほか、雪も降らず、割りに暖かい日が続

いています。梅のつぼみも膨らみ始めました。

春よ来い

早く来い

ですね。
[PR]
# by cyanagitani | 2011-02-09 14:00 | ガーデニング | Comments(0)

私のサポーター

クリックよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ


13年前ばかりの話で恐縮だが、右も左もわからずに異郷の地に

住み始めた 私には、二組のサポーターがいた。実際はもっと

多数の方々が私を支えて くれたのであったが、今日はこの

二組のファミリーについて書いてみようと思う。

ディビッド・アンダソンと私は、彼がまだ25才くらいのとき、日本

でであった。 彼はまだ弁護士の成り立てで、日本とのビジネスを

考えて、日本の弁護士事務所に在籍、日本人の弁護士に

ついて日本の商習慣などを学んでいたようだった。

彼が我が家に来たときなど、豆タンといわれた、小さな英和

辞典を肌身離さず、日本語を覚えていたものだった。

それから15年、夫は急逝、私はカナダに。家探しに

身の回りのことに、彼はずっとサポートしてくれたのでした。

五年後にきた息子のワークビザのサポートも。初めてあった

ころ小さかった子供たちも大きくなって、月日を

感じさせられてしまう。彼も今年で50才になったとのこと。

a0173527_9535460.jpg


さて、もう一方はマイクとルース。

a0173527_955398.jpg


a0173527_9562843.jpg


彼らと知り合ったのは、我が家のオープニングパーティ

であった。マイクはサイモンフレイザー大学の犯罪

心理学の教授、ルースはセントポール病院での

ソーシャルワーカーであった。マイクはイギリス出身で、

ルースの両親は和歌山は美緒村出身の日系であった。

私が和歌山生まれという事もあったのか、彼らこそ、

日常のサポートをとてもしてくれたのであった。

先日彼らの招待で、ラングレーにあるワイナリーの

レストランに行ってきた。 ラングレーは絵になる村

である。ブドウ畑も多く、ワイナリーも多い。

a0173527_9571188.jpg


a0173527_958691.jpg


a0173527_959516.jpg


a0173527_9595056.jpg


a0173527_1003939.jpg


a0173527_1011499.jpg


私は鴨のコンフィをいただいた。息子はラムの・・・・。笑

いつもご馳走になってばかり。次は私がご招待せ

ねば。 私は良い人たちに支えられて、今ここにいられ

るのである。 ちなみに、鴨のコンフィ、作ってみたいと

思っていたのですが・・・。おいしかったけれど、too・・・

oilyですね。やめました。一晩低温のラードで煮るの

ですよ。おお、こわ・・・い。
[PR]
# by cyanagitani | 2011-01-28 10:08 | Comments(0)



異郷の地ではぐくんだ花たちとChieko's Life
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
最近周りでなくなった人が..
by cyanagitani at 12:40
ほ~~お! 久しぶりに..
by ランタナ at 17:00
そうそう、10センチほど..
by cyanagitani at 09:23
カレー皿大きく見えるんだ..
by hananojiyusenritu at 09:11
徘徊お婆は私には向いてへ..
by cyanagitani at 07:06
キャストアイアンいいね。..
by hananojiyusenritu at 15:21
らんたなはん。そうでした..
by cyanagitani at 09:03
ご事情、知っていたし、ラ..
by ランタナ at 07:21
あれは息子が移住してきた..
by cyanagitani at 14:45
ひょっとして、 私が座..
by ランタナ at 08:38
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ひきこもり、スカイトレインに..
at 2018-12-06 13:50
しばらく更新しないと・・・・
at 2018-11-21 10:55
カナダで鱧の骨切。
at 2018-10-26 07:09
カナダの秋
at 2018-10-17 12:27
栗と新生姜と大根と
at 2018-10-10 11:44
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧